最終更新:2024.05.29

腰痛と胸焼けの原因とは?胃腸が痛く吐き気がする場合は内科や消化器内科に受診しよう

日常生活に支障をきたす「腰痛」と「胸焼け」。

これらの症状が同時に現れることは、身体からの重要なサインかもしれません。

特に、吐き気を伴う場合、その原因は胃腸やその他の消化器官にある可能性が高いです。

腰の痛みは筋肉や骨格の問題だけでなく、内臓の異常が影響するケースも少なくありません。

また、胸焼けは胃酸の過剰分泌や逆流性食道炎が原因であることが多く、これらが腰痛と連動している場合もあります。

もし腰痛と胸焼けが繰り返し起こり、吐き気まで感じるようであれば、早期に内科や消化器内科を受診することをお勧めします。

時には内視鏡検査が必要になることもありますが、これによって消化器系の病気を早期に発見できるため、治療の成功率が高まります。

適切な診断と治療により、腰痛や胸焼けだけでなく、全身の健康状態も改善され、日常生活の質が向上します。

一方で、受診を遅らせると、症状が悪化し、治療が困難になることや重大な病気が見逃されるリスクも。

体の声に耳を傾け、必要な場合は医師の専門的な診断を受けることが大切です。

今回の記事では、腰痛と胸焼けが同時に起こる原因、考えられる病名や検査方法、何科に行くべきかについて紹介します。

腰痛と吐き気がある女性は何科?整形外科やクリニックで受診しよう

腰痛と胸焼けが同時に起こる6つの原因

腰痛 胸焼け

  • 【腰痛と胸焼けが同時に起こる6つの原因】
    ◻️ストレスや不安が消化器系と筋肉の緊張
    ◻️慢性疾患の合併症が体全体に炎症や神経障害が生じる
    ◻️長時間の座り姿勢や不適切な姿勢
    ◻️内臓疾患が胸や腰の痛みを誘発
    ◻️消炎鎮痛剤など一部の薬剤が胃腸に影響を及ぼす
    ◻️背中や腹部の筋肉の過度な緊張

ここでは、腰痛と胸焼けが同時に起こる6つの原因の詳細を、詳しく解説しています。

【腰痛と右下腹部が痛い女性特有の病気や原因】対策方法や受診すべき診療科を紹介

ストレスや不安が消化器系と筋肉の緊張

ストレスや不安が多いと、腰痛と胸焼けを同時に引き起こすことがあります。

精神的な負担が消化器系に影響を与え、胃酸の過剰分泌や逆流性食道炎を引き起こすことが知られています。

これが胸焼けの主な原因です。さらに、ストレスは筋肉の緊張を高め、特に腰や背中の筋肉が硬直し、腰痛を悪化させる可能性があります。

また、不安感からくる自律神経の乱れは、胃腸の動きを不安定にし、便秘や下痢といった症状を引き起こすこともあります。

これらの症状は、身体が発するストレスのサインとして注意が必要です。

適切なリラクゼーション方法を見つけ、ストレス管理を行うことが、これらの症状の改善に繋がります。

慢性疾患の合併症が体全体に炎症や神経障害が生じる

体内の慢性的な炎症は、腰痛と胸焼けの両方を悪化させる原因となります。

慢性疾患、特に内科的な疾患や消化器系の病気は、炎症を引き起こすことが多く、これが全身に広がると様々な症状が現れます。

たとえば、進行した逆流性食道炎や慢性胃炎は胸焼けを引き起こし、これらの炎症が神経を刺激して腰痛にも影響を与えることがあります。

さらに、膵臓疾患や胆石症などが腹部に強い痛みをもたらし、それが背中や腰に放散することも考えられます。

これらの合併症は医療機関での適切な診断と治療が重要です。早期の対応が、症状の悪化を防ぎ、生活の質を保持します。

【ズキズキ腰痛の原因と症状】危険な病気の可能性と痛みを和らげる方法や予防を解説

長時間の座り姿勢や不適切な姿勢

長時間の座り姿勢や不適切な姿勢は、腰痛と胸焼けを引き起こす一因です。

現代の生活習慣において、デスクワークやスマートフォンの使用が増え、長時間同じ姿勢を続けることが多くなっています。

このような状況は、腰や背中の筋肉に負担をかけ、腰痛を引き起こします。

また、長時間座ったままの姿勢は胃腸の圧迫を招き、食道への胃酸の逆流を促進するため、胸焼けの原因となります。

これを防ぐためには、定期的に立ち上がってストレッチを行う、適切な椅子を選ぶ、姿勢を意識するなどの工夫が必要です。

これらの対策は、腰痛や胸焼けの予防及び改善に役立ちます。

腰痛反ると楽だけどこの動作は大丈夫?症状別タイプをチェックして正しいストレッチを行おう

内臓疾患が胸や腰の痛みを誘発

内臓の問題は腰痛と胸焼けを同時に引き起こすことがあります。

特に消化器系の疾患は、胃や膵臓、胆のうなど内臓器官の炎症や機能不全が原因で、これらの痛みが腰や背中に放散することがあります。

たとえば、膵臓炎や胆石症は、強い腹痛を引き起こし、この痛みが背中や腰に影響を与えることがあります。

また、慢性の胃炎や逆流性食道炎が胸焼けの感覚として現れることもあります。

これらの症状が見られた場合、早めに内科や消化器内科での診察を受けることが重要です。

内視鏡検査や血液検査などを通じて、正確な診断を受けることが、適切な治療へと繋がります。

腰が痛くて起き上がれない!腰痛の症状、原因および対処法について解説

消炎鎮痛剤など一部の薬剤が胃腸に影響を及ぼす

消炎鎮痛剤や一部の薬剤は、胃腸に影響を及ぼし、胸焼けや腰痛を引き起こすことがあります。

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、痛みを和らげる一方で、胃酸の分泌を増加させたり、胃の粘膜を傷つけたりすることがあります。

これにより胃腸炎や胃潰瘍が発生し、胸焼けの原因となることがあります。

また、これらの薬剤が引き起こす胃腸の不快感は、腰や背中の痛みにも影響を与えることがあります。

薬の使用に際しては、医師と相談し、適切な用量や使用方法を守ることが大切です。

場合によっては、副作用を最小限に抑えるために他の治療方法が推奨されることもあります。

ロキソニンが効かない腰痛について解説します!

背中や腹部の筋肉の過度な緊張

長時間の座り仕事や不適切な姿勢は、背中や腹部の筋肉を過度に緊張させ、腰痛と胸焼けを引き起こします。

筋肉の過緊張は、特に腰部に強い痛みを引き起こし、同時に背中の筋肉にも負担をかけます。

この状態が持続すると、筋肉の疲労や筋緊張が原因で消化機能にも影響を及ぼし、胃腸の不快感や胸焼けを引き起こすことがあります。

運動不足やストレスも筋肉の緊張を高める要因となるため、適度な運動とストレス管理が予防につながります。

定期的なストレッチや適切な運動を取り入れることで、これらの症状の軽減が期待できます。

腰痛でまっすぐ立てない原因や対処法を紹介!ぎっくり腰の痛みなら整体院に行って痛みを改善しよう

腰痛と胸焼けが同時に起こった時に考えられる病名

腰痛 胸焼け

  • 【腰痛と胸焼けが同時に起こった時に考えられる病名】
    ◻️椎間板ヘルニア
    ◻️胃食道逆流症(GERD)
    ◻️膵炎
    ◻️胆石症
    ◻️心筋梗塞
    ◻️脊椎疾患
    ◻️ストレス関連の症状

ここでは、腰痛と胸焼けが同時に起こった時に考えられる病名の詳細について、詳しく解説しています。

【腰痛改善に効果的なツボは?】腰痛に効くツボとその効果を専門家が分かりやすく紹介します。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアが腰痛と吐き気を引き起こす可能性があります。

椎間板ヘルニアは、脊椎の椎間板が変位し、周囲の神経を圧迫することで痛みや不快感を生じさせます。

この症状は、腰部だけでなく、全身に様々な影響を与えることがあります。

特に、腰痛と連動して胸焼けや胃もたれのような消化器系の症状を併発する場合、他の消化器疾患も疑われますが、初期段階ではヘルニアによる神経的影響が考えられます。

症状が続く場合は、クリニックでの診断をお勧めします。

また、症状が強い場合や改善が見られない場合は、手術を含む治療方法が考慮されることもあります。

胃食道逆流症(GERD)

逆流性食道炎は腰痛を伴う胸焼けの原因となることがあります。

胃の内容物が食道に逆流することで、胸焼けや嘔吐などの症状が出る逆流性食道炎(GERD)は、腰痛と共に発生することがあります。

この状態は、胃酸の過剰な分泌や食道の機能低下が原因で起こります。

治療としては、生活習慣の見直しや食事内容の改善が基本となり、必要に応じて薬物療法が行われます。

また、胃腸内科やクリニックでの専門的な診察が推奨されます。

食後の激しい運動は避け、夜間の食事も控えることが重要です。

腰痛に効く食べ物は?7つの栄養素で予防・改善する方法を徹底解説

膵炎

膵炎は、腰痛と胸焼けを引き起こす深刻な疾患の一つです。

膵臓が炎症を起こす膵炎は、腹部から背中にかけての強い痛みを伴います。

この痛みはしばしば腰にも感じられることがあります。

膵炎の症状としては、嘔吐、体温の上昇、お腹の膨満感などがあります。

特に、食後の腹痛が激しい場合は膵炎の可能性が高いとされています。

膵炎はその進行が速いため、症状が見られたら速やかに医療機関へのアクセスをお勧めします。

治療には、食事の管理や痛みの軽減、場合によっては手術が必要になることもあります。

胆石症

胆石症は腰痛と胸焼けの原因となることがあります。

胆石が胆のうや胆管に詰まることで、激しい腹痛や腰痛、さらには胸焼けの症状を引き起こすことがあります。

特に食後に症状が悪化することが多く、食欲が低下することもあります。

胆石症は、女性に多く見られる疾患で、年齢や肥満、遺伝的な要因が関与しています。

診断には超音波検査や内視鏡検査が用いられ、症状の進行に応じて手術が必要となることもあります。

胆石症が疑われる場合、早期に内科や消化器科の医療機関で診察を受けることが大切です。

適切な診療と治療を受けることで、症状の改善が期待できます。

腰痛と腹痛が同時に起こる原因とは?痛みに潜むがんの症状の可能性について

心筋梗塞

心筋梗塞は腰痛と胸焼けを伴うことがあります。

心筋梗塞は、心臓の血管が詰まることで心筋が酸素不足に陥り、激しい胸痛や胸焼けの感覚を引き起こします。

この痛みは左肩や腰部に放散することがあり、腰痛として感じられることもあります。

症状が急激に現れ、嘔吐や冷や汗を伴う場合は、心筋梗塞の可能性が高く、非常に危険な状態です。

迅速な対応が必要であり、直ちに救急車を呼び、病院での診察を受けることが重要です。

早期発見と適切な治療が命を救うため、日頃から心臓の健康に注意を払い、定期的な健康診断を受けることをお勧めします。

脊椎疾患

脊椎疾患は腰痛と胸焼けを引き起こす可能性があります。

椎間板ヘルニアや脊椎管狭窄症などの脊椎疾患は、神経を圧迫することで腰痛や背中の痛みを引き起こします。

これらの痛みが体にストレスを与え、胃酸の分泌が増えることで胸焼けの症状が現れることがあります。

脊椎疾患の特徴として、動くと痛みが増すことがあり、日常生活に大きな支障をきたすことがあります。

診断にはMRIやCTスキャンなどの画像検査が必要で、治療は理学療法や薬物療法、場合によっては手術が行われます。

慢性的な腰痛や胸焼けが続く場合は、専門のクリニックでの診察をお勧めします。

ストレス関連の症状

ストレスは腰痛と胸焼けを引き起こす大きな要因です。

ストレスが原因で自律神経が乱れると、筋肉が緊張し腰痛が現れます。

同時に、胃酸の分泌が過剰になり、胸焼けや胃もたれといった消化器系の症状も引き起こされます。

特に更年期障害の女性や、日常生活で頻繁にストレスを感じる男性に多く見られます。

ストレス管理は、これらの症状を改善するために非常に重要です。

リラクゼーション法や運動、カウンセリングなど、ストレスを軽減する方法を取り入れることが効果的です。

また、症状がひどい場合は、内科や心療内科での相談もお勧めします。

医療機関で適切な診療を受けることで、症状の緩和が期待できます。

腰痛と胸焼けが同時に起こった時の検査方法

腰痛 胸焼け

  • 【腰痛と胸焼けが同時に起こった時の検査方法】
    ◻️血液検査
    ◻️X線撮影(レントゲン)
    ◻️MRI(磁気共鳴画像法)
    ◻️内視鏡検査
    ◻️超音波検査(エコー)
    ◻️心電図(ECG)
    ◻️食道pHモニタリング

ここでは、腰痛と胸焼けが同時に起こった時の検査方法について、詳しく解説しています。

【ぎっくり腰の前兆や原因とは?】病院に行った方がいい痛みなのか症状チェックしよう

血液検査

血液検査は、腰痛や胸焼けの原因を特定するために非常に有効です。

血液検査では、全身の健康状態を評価するために、さまざまなパラメーターを測定します。

特に、炎症マーカーや肝機能、腎機能の数値が重要です。炎症が原因で腰痛や胸焼けが起こっている場合、これらのマーカーが上昇します。

また、貧血や感染症、大腸がんなどの重大な疾患の兆候も血液検査で確認することができます。

例えば、大腸がんは初期段階では症状が現れにくいため、血液検査で早期発見することが重要です。

さらに、血液検査では尿酸値も測定されます。尿酸値が高いと腎結石のリスクが増加し、これが腰痛の原因となることもあります。

また、血糖値の異常も確認され、糖尿病が原因で腰痛や胸焼けが起こることがあります。

自分の健康状態を把握し、適切な対策を講じるために、定期的な血液検査は欠かせません。

X線撮影(レントゲン)

X線撮影は、腰痛や胸焼けの原因を画像で確認するための基本的な検査方法です。

X線撮影は、骨や関節の異常を明確に捉えることができます。

特に、腰痛の原因となる椎間板ヘルニアや脊椎の変形、骨折などの骨の異常を発見するために有効です。

また、胸部のX線撮影により、肺や心臓の異常も確認できます。胸焼けが続く場合、食道裂孔ヘルニアなどの可能性も考えられるため、X線撮影は重要です。

さらに、X線撮影では消化器官の状態もある程度把握することができます。

例えば、みぞおちの痛みが胸焼けと関連している場合、X線撮影で消化管の異常を確認することができます。

食道や胃の状態を評価することで、胸焼けの原因を特定しやすくなります。

また、肺や心臓に異常があると、全身の健康に影響を与えることがあるため、注意が必要です。

腰痛や胸焼けの原因を早期に特定し、適切な対策を取るために、X線撮影は欠かせない検査の一つです。

MRI(磁気共鳴画像法)

MRIは、腰痛や胸焼けの原因を詳細に診断するための高度な画像検査です。

MRIは磁気を利用して体内の詳細な画像を取得する検査方法で、特に軟部組織の評価に優れています。

腰痛の原因として椎間板や神経、筋肉の状態を正確に把握できるため、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの診断に非常に有効です。

また、胸焼けの原因として疑われる内臓の異常も高解像度の画像で確認できます。

MRIは放射線を使用しないため、放射線被曝のリスクがなく、安全性が高い検査方法です。

ただし、検査時間が長く、閉所恐怖症の人には負担が大きい場合があります。

そのため、検査前に医師と相談し、自分に合った検査方法を選択することが重要です。

MRIの結果を基に、医師が具体的な治療方針を案内しますので、腰痛や胸焼けの症状がある場合は早めに受診することをお勧めします。

内視鏡検査

内視鏡検査は、消化管の内部を直接観察することで、腰痛や胸焼けの原因を特定するための重要な検査です。

内視鏡検査では、口から内視鏡を挿入し、食道、胃、十二指腸などの消化管の内部を直接観察します。

これにより、胸焼けの原因となる食道炎や胃炎、胃潰瘍、食道裂孔ヘルニアなどの病変を確認することができます。

特に、みぞおちの痛みや胸焼けが続く場合、内視鏡検査を行うことで早期に適切な診断を下すことができます。

また、内視鏡検査では、がんの早期発見も可能です。

例えば、大腸がんの検査では、肛門から内視鏡を挿入し、大腸の内部を観察します。

これにより、がんの初期段階での発見が可能となり、早期治療が実現します。

さらに、ポリープや腫瘍が見つかった場合、その場で切除や生検を行うこともできます。

内視鏡検査の結果に基づいて、医師が具体的な治療計画を立てますので、腰痛や胸焼けの症状がある場合は、早期に受診することをお勧めします。

超音波検査(エコー)

超音波検査は、腰痛や胸焼けの原因を特定するために用いられる安全で効果的な検査方法です。

超音波検査(エコー)は、音波を利用して体内の臓器や組織の状態を画像化する検査です。

放射線を使用しないため、被曝のリスクがなく、妊婦や子供でも安心して受けられます。

この検査は、肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓などの腹部の臓器の異常を確認するために広く用いられます。

例えば、腰痛の原因として腎結石が疑われる場合、超音波検査で腎臓の状態を詳細に確認できます。

また、胆石が原因でみぞおちの痛みや胸焼けが起こることもあり、エコー検査で胆嚢の状態を評価することが重要です。

超音波検査は、内臓の腫瘍や嚢胞の有無も確認できるため、がんの早期発見にも役立ちます。

エコー検査は比較的短時間で済み、痛みもないため、患者にとって負担が少ないのが特徴です。

腰痛や胸焼けの症状が続く場合、早めに超音波検査を受けて原因を特定し、適切な治療を開始することが重要です。

心電図(ECG)

心電図は、胸焼けと腰痛の背後にある心臓の問題を検出するために不可欠な検査です。

心電図(ECG)は、心臓の電気活動を記録する検査で、心臓のリズムや異常を確認するために使用されます。

胸焼けが心臓の問題と関連している場合、例えば心筋梗塞や狭心症の兆候が現れることがあります。

心電図を使用することで、これらの心臓の異常を早期に発見し、適切な治療を行うことができます。

胸焼けが続く場合、胃酸の逆流が原因と考えられがちですが、心臓の問題が原因である可能性も否定できません。

特に、みぞおちや胸の中央部に痛みを感じる場合、心電図検査で心臓の健康状態を確認することが重要です。

また、腰痛が長引く場合も、心臓の血流障害が原因となることがあります。

心臓が正常に働いているかどうかを確認するため、心電図は非常に重要な役割を果たします。

食道pHモニタリング

食道pHモニタリングは、胸焼けの原因を特定するための重要な検査方法です。

食道pHモニタリングは、食道内の酸性度を24時間にわたって測定する検査です。

これにより、胃酸の逆流がどの程度発生しているかを詳細に評価できます。

胸焼けの主な原因は胃酸の逆流によるものであり、この検査を通じて逆流性食道炎などの診断が可能です。

特に、みぞおちから胸にかけての焼けるような痛みがある場合、この検査は非常に有効です。

検査は、細いチューブを鼻から食道に挿入し、センサーで酸性度を測定します。

検査期間中は日常生活を送ることができ、食事や活動の影響をリアルタイムで記録します。

これにより、どのタイミングで胃酸の逆流が起きているかを正確に把握できます。

腰痛とともに胸焼けがある場合、ストレスや姿勢の問題が関与している可能性があり、食道pHモニタリングでその関連性を調べることができます。

腰痛と胸焼けが同時に起こった時何科に行くべき?

腰痛 胸焼け

  • 【腰痛と胸焼けが同時に起こった時何科に行くべき?】
    ◻️内科
    ◻️消化器内科
    ◻️総合診療科
    ◻️心療内科または精神科

ここでは、腰痛と胸焼けが同時に起こった時何科に行くべきなのか、詳しく解説しています。

【最新版】腰痛専門のクリニックで治療で失敗しない選び方!東京都などのおすすめ病院を紹介

内科

内科は、腰痛と胸焼けが同時に起こった際の初診に適しています。

内科は、広範な症状に対応できるため、まずはここで受診するのが賢明です。

内科医は、一般的な健康状態の評価や基本的な検査を行い、症状の原因を特定するための第一歩を提供します。

腰痛や胸焼けが発生する原因は多岐にわたり、内科では血液検査や尿検査などの基本的な検査を通じて、炎症や感染症、その他の健康問題の有無を確認します。

例えば、腰痛が腎結石や尿路感染症によるものである場合、内科医はその診断と治療を適切に行います。

また、胸焼けが胃酸の逆流や食道炎によるものであるかどうかを確認し、必要に応じて消化器内科への紹介状を出すこともあります。

内科は、症状が複雑であったり、原因が明確でない場合に総合的な診断を提供できるため、最初の相談先として理想的です。

消化器内科

消化器内科は、胸焼けの原因を専門的に診断するための重要な診療科です。

胸焼けが主な症状である場合、消化器内科への受診が適切です。

消化器内科では、胃や腸、食道などの消化器官に関する専門的な診断と治療を行います。

胸焼けが頻繁に起こる場合、胃酸の逆流や逆流性食道炎、胃潰瘍などが疑われます。

消化器内科医は、内視鏡検査や食道pHモニタリングなどの専門的な検査を通じて、これらの症状の原因を特定します。

腰痛が消化器官の問題と関連していることもあります。例えば、胆石や膵炎が腰痛を引き起こすことがあります。

これらの症状は消化器内科で診断され、適切な治療が行われます。

消化器内科医は、患者の症状や病歴を詳しく聞き取り、必要に応じて高度な検査を行い、原因を明確にします。

総合診療科

総合診療科は、複数の症状を持つ患者に対して包括的な診断と治療を提供します。

腰痛と胸焼けが同時に発生している場合、総合診療科への受診が有効です。

総合診療科の医師は、さまざまな医療分野にわたる知識を持ち、複数の症状を一元的に診断する能力があります。

特に、原因が明確でない複数の症状が同時に現れる場合、総合診療科は最適な選択です。

総合診療科では、患者の全身状態を評価し、必要に応じて専門医への紹介を行います。

例えば、腰痛が整形外科的な問題によるものか、または胸焼けが消化器官の問題によるものかを判断し、それぞれの専門医に連携して治療を進めます。

総合診療科の医師は、患者の症状を総合的に評価し、最適な治療計画を立てるため、効率的な治療が期待できます。

腰痛に効くブロック注射の種類や効果や費用!痛みによる治療なら整形外科やペインクリニック

心療内科または精神科

心療内科または精神科は、ストレスや心因性の問題による腰痛や胸焼けに対処します。

腰痛や胸焼けがストレスや心因性の問題によるものである場合、心療内科や精神科への受診が推奨されます。

ストレスや不安は、身体にさまざまな影響を与えることがあり、腰痛や胸焼けの原因となることがあります。

心療内科や精神科の医師は、精神的な健康状態を評価し、適切な治療法を提案します。

例えば、ストレスが原因で胃酸の分泌が過剰になり、胸焼けが発生することがあります。

また、ストレスや不安が筋肉の緊張を引き起こし、腰痛を悪化させることもあります。

心療内科や精神科では、カウンセリングや認知行動療法、薬物療法などを通じて、精神的な健康状態を改善し、症状を緩和します。

まとめ

【東新宿駅から徒歩10分】セルフケア整体新宿本店の場所・アクセス方法と来店時の持ち物や気になる施術内容など

腰痛と胸焼けは、多くの人が経験する一般的な不調ですが、これらが同時に発生する場合、何らかの深刻な健康問題を指摘している可能性があります。

特に、吐き気を伴う腰痛と胸焼けは、単なる疲労や一時的な不調以上のものかもしれません。

もし腰痛と胸焼けが続いている場合は、医療機関での確認が必要です。胸の痛みは、時に大腸がんや結石など、他の重大な病態の初期症状であることがあります。

腰痛と胸焼けが長期間にわたり持続する場合や、症状が全身に広がるような感じがする場合、または肩こりやイライラなどの他の症状も伴う場合は、すぐに専門の医師に相談してください。

自分の体の異変に早めに注意を払うことで、より深刻な健康問題へと進行するのを防ぐことができます。

また、口の中の不快感や尿の変化も見逃さず、これらが示す体のサインに敏感であることが大切です。

このような症状を放置せず、早めの対応を行うことで、健康を守り、日常生活をより快適に過ごすための一歩となります。

何らかの異常を感じた時は、適切な医療の案内を受け、自分の体を大切に扱うことが重要です。

最新の記事はこちら

よくある質問

  • Q

    セルフケア整体と他の整体の違いについて教えてください

    A

    一言で言えば、TV、YouTubeや海外TED等で高く評価頂いている手法で、どこの整体よりもトータルで時間とお金を無駄にしないために、通わせない施術を行います。さらに、お客様の身体の状態に適したオーダーメイドのセルフケアをお客様ご自身に身につけてもらうプランも用意しており、二度と整体いらずの身体を手に入れてもらうことが出来る唯一の整体です。

    すでに院長のnobu先生の動画を通じて、沢山の人からご好評頂けておりますが、動画だけでは伝えられない、その人の身体の筋肉量にあった適切な負荷量、セルフケアの順番などをお一人、お一人に合わせてお伝えするために当院を開院いたしました。

    当院では、ご自身で行うセルフケアを行わない施術だけのプランと、セルフケアをマスターしていただくオーダーメイドセルフケアマスタープランの2種類の施術をご用意しております。

    短期間で原因がわかり効果が出るので、どこに行っても治らないと悩みが深い人ほど生活の質が改善して行くのが実感できるので、喜んでもらえます。基本、痛み治すだけなら程度にもよりますが、割とすぐなので、治ったら来ないでいいです。加えて、ズボラ筋が実際に働くようになるにつれて、痛みが取れて行くだけでなく、同時に痩身効果、美容効果、運動効率改善など様々なメリットが受けれる整体になります。

    2,3回続けていくうちに、痛みが緩和するだけでなく、ぽっこりお腹がへこんだ、夜間頻尿が治った、睡眠が深く取れるようになった、むくみがかなり改善してほっそりしたというような効果が出てきます。これは原因となる筋肉をきちんと運動療法にて鍛えて行くことにより、ただ痛みが取れるだけではなく、身体の筋肉バランスが適切に働くようになることの効果です。

    セルフケア整体では、短い時間で、痛みを取るのは前提であって、痛みが二度と戻らない、時間とお金を無駄にしない施術を心がけております。痛みがすぐ取れるのでそいしたら来る必要はありません。何度も通わなくていいです。また、セルフケアマスタープランの方は、一生整体に行かなくて良くなることがゴールで施術を通してオーダーメイドのセルフケアプランを提供します。ご自身であとで振り返れるように、実際にその場で教えた内容を教材として動画など撮影をして、ご提供していきます。

    「一生」がポイントです。殆どの整体では、痛みをとることに主眼を置いて、自分の身体を真に健康維持できる手法をその人の状態に合わせて教えてくれません。何故ならば、それをしてしまうと2度とお客様がきてくれなくなってしまうからです。

    実は、ほとんどの鍼灸、筋膜リリース、マッサージ、ストレッチは痛んでいる筋肉やその周辺を緩ませるアプローチをします。痛みを取るのが目的であり、また、痛んだ場合には通ってもらうことを目的とするからです。

    常に痛みが出たら戻ってきて欲しい。そのため、自分で健康を維持する方法を伝えることは絶対にしません。わかっている人はいたとしても、教えるメリットが何もないのでしないのです。何年も、回数券販売を通じて通わせ続けることで、人生の中で、関節痛だけに総額何十万円投資してしまってる人は多いです。そして、結局はまた身体のバランスが悪くなったら、痛みが戻るということを繰り返しており、nobu先生もこれに深く悩んでおりましたので、時間とお金の無駄をなくして欲しいと思って、当院を開院した経緯もございます。

    我々は不調を治すセルフケアマスタープランは、6回1セットで教えており、初回は返金保証もつけて、どこの整体よりもトータルで安い金額と短い期間で改善させることをしております。短い期間で集中的に一生物のスキルを早いうちに身につけた方が圧倒的に費用対効果が高くなります。(詳しくは料金・メニューをご覧ください。)

    また、セルフケアをご自身でやるのは、面倒くさい、同じことを先生にやってもらいたいという方は、単価を通常の整体と同じ程度の値段でご提供しております。この場合でも、他の整体よりは早く改善されて痛みのある生活からは解放されます。(詳しくは料金・メニューをご覧ください。)

    私たちはこの王道とも言える方法を広めることで、日本発の世界で信用される整体を広めていきたいと強く願っており、日本でも健康寿命を5年は延長させたいと本気で考えております。

  • Q

    長い間ずっと体の痛みについて悩んでいます。どこに行っても結果的にまた痛くなってしまうのですが、治せますか?

    A

    セルフケア整体の整体手法は、10年悩んでいる人がご自身の痛みの原因を知れて1回で驚く効果を得ることが出来るため、長年関節の痛みにトラブルを抱えている方にとって大変お勧めです。

    身体が痛くて動きづらいから治したいと、これまであれこれと悩み、苦しまれてきた方には、「あっ!」と驚く変化をお約束します。院長のnobu先生自身が身体の痛みに10年以上悩まれてきて、やっと見つけた手法であり、本当に多くの人に知って欲しいと日々活動しております。実際に、多くの方が、初回の施術で身体の変化を実感され、前向きにケアを続けていらっしゃいます。手術が必要とお医者様に言われた方が、実際には全然必要なくなった、そんな事例が沢山あります。丁寧なカウンセリングと現地でのお体の検査と、実際の施術を通じて、オリジナルのセルフケアトレーニング方法を導き出し、一緒に身体の再生を図り、元の元気で快活な身体へと導きます。

  • Q

    過去、整体に何度も通ってもまた身体の不調箇所が元に戻ってしまいました。整体師さんに身体を任せるのが不安なのですが。

    A

    身体の痛みを楽にしたいからと、一時的に筋肉をほぐして痛みを無くしたように見せる施術にはご注意ください。

    施術後は一旦身体が軽くなったように感じますが、そもそも原因が何かを特定しているわけではなく、対処療法的に痛みをとっているだけです。本当の意味で治してしまうと商売にならないから出来るだけ長い時間通わせようとして回数券売るところばかりなのが整体業界の実態です。

    初回料金が安くて、高額な回数券(30万円等)を販売するようなところもあるのでご注意ください。当院の方が圧倒的にコスパが良いです。通院期間も聞いてみて下さい。しっかり答えられないところや、半年や1年必要というところは治す気がそもそもない可能性が高いです。当院ではどれだけ長くてもきちんと通って貰えれば手術が必要なレベルで時間がかかるでも3ヶ月です。

    これまであれこれと施術をしてもすぐ元に戻っていた方が、セルフケア整体で、しっかりとご自身に合ったセルフケアを覚えてからは、その変化がづっと続くことを実感して頂いております。結局ちゃんと自分の身体のことを把握出来て、ご自身でケアできるようになるのが、時間とコストの両面にとって、長期的な目線で誰にとっても良い手法になると我々は信じております。

    また、無駄な施術は一切しませんので、セルフケアをご自身でやるのがめんどくさい人は、普通に施術を通してズボラ筋を働かせていくので、通常の整体よりも早く治ります。

    丁寧なカウンセリングで身体の状態を確認し、身体に負担を掛けないようにオーダーメイドでセルフケアの方法をお伝えします。トラブルが改善され始めると、一気に本来のとっても元気で快活な若々しい身体に戻りますよ。

  • Q

    丁寧な施術とのことですが、時間はどのくらいかかりますか?

    A

    カウンセリングからお体の検査と施術、アフターカウンセリングまで、1.5時間ほどお時間をいただいています。

    初回のカウンセリングで身体の状態を細かく確認し、同時にカルテを作成します。また、毎回きちんとお体の筋肉の状態を把握するために検査をさせて頂いております。その後施術を受けられると、皆さん一度で痛みが取れて驚かれます。そして自分の身体のどこが悪かったのかを正確に知ることが大切ですので、しっかり身体の状態についてお伝えします。そして、お一人お一人に合ったセルフケアもお伝えします。2回目以降は、前回の施術からの身体の変化と、セルフケアを実施して頂いた変化の両方を確認してから施術へと移ります。

  • Q

    どのくらいの期間、施術をするとホームページの写真のように快活な身体になりますか?

    A

    痛みを取るだけなら1,2回、あなたの身体の変化を見ながら、適切なセルフケア方法を伝えるには3回、ないし、6回かかります。

    上半身か下半身のいずれかにお悩みのある方で3回、両方お悩みのある方で6回ほどセルフケアを覚えて頂くのにお時間を頂戴しております。オーダメイドセルフケアマスタープランでは、1箇所3分で出来るセルフケアを覚えて実践することで二度と痛まない身体を手に入れ、整体にいく必要もなくなります。

    また、ズボラ筋は全身で繋がっており連動しておりますので、満遍なく鍛えることで、痩身効果、美容効果、運動効率改善をご実感して頂けております。

    多くの方が、初回の施術で身体の変化を実感されます。初回来院時に、ご満足いただけない場合は返金保証も付けております。ほとんどの方はご満足いただいて、その後、前向きにケアを続けていらっしゃいます。痛みを取るだけなら初回の施術でその効果を実感いただけます。

    セルフケア整体ではプロの視点から、痛みを取るのは前提で、あなたの身体の改善状況、次にどのようなケアをすれば身体に効果的か、逐一アドバイスをします。

    私たちがそばに寄り添って二人三脚でサポートしますので、みなさんほっとご安心され、間違った身体のケアによるトラブルが見られなくなります。

    また、そこから先継続されて一日5分でも実践されてる方は、2〜3ヶ月で、人間本来の身体の働きが取り戻せますので、姿勢が綺麗になり、無駄な脂肪が落ち、身体が疲れにくくなり、スポーツをされてる方はご自身の身体のパフォーマンスが上がることをご実感いただけます。

    ぎっくり腰や深刻な腰痛、坐骨神経痛や肩こりなど様々な関節痛に悩まされていた人は、予防効果が出て二度と整体に行かなくて良くなることが実際にご実感いただけております。

    新陳代謝も上がり、リンパが流れ、浮腫も取れますし、内臓脂肪なども取れていきます。更に、血圧が安定することで、健康になり夜間頻尿や生理痛などの様々な症状が緩和されていきます。

    全身のセルフケアを習慣化して頂くことで、短期的な痛みをとるだけではなく様々な予防、美容、痩身、運動効率改善の効果が見込めます。

  • Q

    初めての予約でもLINEからしていいでしょうか?

    A

    はい、ぜひLINEからご予約くださいませ。マンツーマンで施術をしておりますため、お電話に出られないときもございます。LINEよりご連絡いただけましたら、担当スタッフより速やかにご案内を返信させていただきます。

  • Q

    どんな身体の痛みでもセルフケアで治すことができますか?

    A

    殆どの間接の痛みをとり、運動パフォーマンスを上げることが可能ですが、以下の場合は効果が減少ないし別の治療が必要になります。

    ・リウマチによる痛みがある場合(こちらは専門の治療がいずれにせよ必要になります)

    ・急性時の痛み(足首のねんざ、靱帯損傷など)でひどく腫れている場合は、腫れが治る期間が必要です。)

    ・肩関節の拘縮 (これは筋肉が正常ではなく線維状になっているため、半年など時間や回数を多く施術しなければ改善しません。)

    ・しびれが常時ある (これは神経が傷ついているため、状態によっては病院で検査が必要になります。常時しびれがある場合(寝ているときも)しびれは改善しません。施術により痛みは改善していきますが、筋力がかなり落ちている状態であるため治すには1~2か月必要となります。)

    ・骨の変形が著しく進んでいる場合

他にもわからないことやご不安なことなどありしたら、
最寄りの店舗のLINE、お電話にてお気軽にご連絡くださいませ。
スタッフが丁寧に対応させていただきます。

近くの店舗を探す
24時間スマホで簡単に予約可能 さっそく予約する