最終更新:2024.05.15

腰痛時のランニングは悪化する?走る効果と安静にしたほうがいい時を解説

多くの人が日頃から抱える腰痛は、普段の生活に何とも言われないほどの影響を与えることがあります。

特に関節痛を悩む方々にとって、家での簡単な運動でも痛く感じることがありますが、それでも健康を取り戻したい、という強い願望があるのではないでしょうか?

この記事では、腰痛を持つ方がランニングを行うことで感じることができる効果、逆に腰痛を悪化させてしまう可能性のあるランニングのパターン、そして腰痛に優しいランニングの方法について詳細に解説します。

ランニングは、適切なスピードと心がけで行えば、骨や関節に負担をかけず、痛い思いをせずに続けられる活動です。

そして、自宅周辺でゆっくりと走ったり、時には休むことも大切です。

ランニングが腰痛に与える効果についての情報は、痛みを発症する原因を探すのに役立つかもしれません。

初心者の方や、これまで同じ悩みを抱えてきた方にも、日頃の運動がどのように腰痛に影響を与えるかのイメージをつかむ助けになるでしょう。

ランニングで健康を取り戻したいと願う方々へ、安全かつ効果的な走り方、おすすめの栄養の取り方、そして治る可能性を高める動画や詳しい情報を提供するサービスなどを紹介します。結果として、マラソンに挑戦する日が来るかもしれませんね。もちろん、続けていくことが大切ですから、何よりも自分のペースで進めてください。

腰痛の原因は?どこが痛くなる?腰が痛くなるメカニズム・危険度チェック!タイプ別効果的ケア

 

目次

腰痛時にランニング効果で改善できる理由

腰痛 ランニング 効果

腰痛は多くの人が経験する健康問題ですが、その改善にランニングが効果的である理由は複数あります。まず、ランニングは全身の筋肉を使う運動であり、特に体幹部の筋肉を強化するのに役立ちます。体幹部の筋肉、特に腹筋や背筋が強くなることで、腰部のサポートが強化され、腰痛の予防や軽減につながります。

また、ランニングは血液循環を促進します。血流が良くなることで、腰部の筋肉や組織に酸素や栄養が効率よく供給され、回復が早まります。さらに、ランニングによって老廃物の排出も促進されるため、炎症や痛みの軽減に寄与します。

さらに、ランニングはストレス解消にも効果的です。ストレスは筋肉の緊張を引き起こし、それが腰痛の一因となることがあります。ランニングによってエンドルフィンという「幸福ホルモン」が分泌され、気分がリフレッシュされることでストレスが軽減され、結果的に腰痛の症状も緩和されることがあります。

加えて、ランニングは体重管理にも効果があります。体重が増えると腰への負担が増し、腰痛を引き起こしやすくなります。定期的なランニングはカロリー消費を助け、健康的な体重維持に寄与します。これにより、腰への負担が軽減され、腰痛の予防や改善が期待できます。

最後に、ランニングを通じて姿勢の改善が見込まれます。ランニングには正しいフォームが求められるため、自然と姿勢が良くなります。良い姿勢は腰への負担を軽減し、腰痛の予防に役立ちます。

ただし、腰痛がある場合には無理をせず、医師や専門家のアドバイスを受けることが重要です。ランニングを始める際は、適切なシューズを選び、ウォームアップやクールダウンをしっかり行い、無理のない範囲で徐々に運動量を増やすことが推奨されます。また、痛みがひどくなる場合はすぐに中止し、専門家の診断を受けることが大切です。

以上の理由から、ランニングは腰痛の改善に有効な方法の一つとして注目されています。適切な方法で取り入れることで、健康的な体と生活の質の向上が期待できます。

下半身だけでな体幹の筋肉も強化される

ランニングを継続することによって、腹筋や背筋などの体幹部の筋肉が強化されます。

これらの筋肉は、日常生活での姿勢を保つのに非常に重要であり、特に腰部周辺の安定に寄与します。

ランニングによる適度な負荷は、これらの筋肉群を徐々に鍛え、腰痛の予防及び軽減に役立つとされています。

また、ランニングは体のバランスを整える効果もあり、腰痛を引き起こす可能性のある不均衡を改善するのに効果的です。

ランニングは、腹筋や背筋を強化し、脊柱を支えることで腰痛を軽減します。

運動によって全身の血流が良くなり腰痛の症状の緩和

ランニングは心臓のポンプ機能を高め、血液の循環を促進する効果があります。

活発な血流は、酸素や栄養素を体の隅々に届けることを助け、また代謝産物や炎症を引き起こす物質の排除をスムーズにします。

特に腰痛患者にとって、炎症を引き起こす物質の迅速な除去は、痛みの緩和に直接的に寄与するため、ランニングが推奨される理由の一つです。

血流が改善されることで、腰部の筋肉や組織が健康な状態を維持しやすくなり、腰痛のリスクが減少します。

適度なランニングは血流を促進し、腰痛の症状緩和に寄与します。

ランニングはカロリー消費が高い運動で効果的な体重管理が可能

ランニングは全身を使う有酸素運動であり、大量のカロリーを燃焼させることができます。

体重が過剰な状態は、腰に大きな負担を与え、腰痛を引き起こす原因となり得ます。

ランニングを定期的に行うことで、体重を健康的な範囲内に管理することが可能となり、腰部にかかる圧力が軽減されます。

これにより、腰痛のリスクを減少させるとともに、既存の腰痛の症状の軽減にも寄与することが期待できます。

体重管理は、腰痛の予防と管理において、非常に重要な要素です。

効果的な体重管理を通じて、ランニングは腰痛の予防及び改善に寄与します。

運動によりエンドルフィン(体内の天然鎮痛物質)が分泌される

ランニングやその他の有酸素運動は、体内でエンドルフィンの分泌を促進します。

エンドルフィンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、その鎮痛効果により自然な痛み緩和が期待できます。

特に、腰痛を抱える人にとって、エンドルフィンの増加は痛みの感覚を軽減させる助けとなります。

さらに、エンドルフィンは気分を向上させる作用もあり、腰痛によるストレスや不安感を緩和する効果も持ち合わせています。

これにより、腰痛患者の生活の質が向上し、より活動的な日常を送ることが可能になります。

ランニングによるエンドルフィンの分泌は、腰痛の痛みを自然に和らげる効果があります。

定期的なランニングは筋肉の柔軟性を向上させる効果がある

ランニングを行うことで、特に下半身の筋肉が活発に動かされ、徐々に柔軟性が向上します。

この柔軟性の向上は、筋肉や腱にかかる圧力を減少させ、腰にかかる負担を軽減する効果を持ちます。

柔らかくなった筋肉は、不意の動作や衝撃から腰を守る役割も果たし、腰痛の予防に大きく寄与します。

さらに、ランニングによる定期的な運動は、体全体の調和を保ち、筋肉バランスを改善するため、腰痛のリスクを自然と減少させます。

ランニングによる筋肉の柔軟性向上は、腰痛予防に非常に効果的です。

運動することでストレスが軽減されこれが腰痛の改善につながる

日常生活におけるストレスは、無意識のうちに体の緊張を引き起こし、特に腰部に不必要な負荷を加える原因となります。

ランニングは心拍数を上げ、ストレスに対抗する体内ホルモンのバランスを改善するため、精神的なリラックス効果があります。

このリラックス効果により、筋肉の緊張が解け、腰痛の痛みが軽減されます。

また、定期的なランニングは睡眠の質を向上させる効果もあり、良質な睡眠はストレス管理に非常に重要です。

ランニングを通じてストレスを効果的に管理することは、腰痛改善の重要な鍵となります。

ランニングによるストレスの軽減は、腰痛の改善に直接的に寄与します。

腰痛時にランニングで悪化するパターンを紹介

腰痛 ランニング 効果

腰痛がある状態でランニングを行うと悪化するパターンはいくつかあります。

まず、不適切なランニングフォームが挙げられます。

例えば、前傾姿勢や脚を引きずる走り方は腰に負担をかけ、痛みを悪化させます。

次に、過度なランニングも悪化の原因です。

急に長時間や高強度のランニングを始めると、腰の筋肉や関節に過度の負荷がかかり、症状が悪化するリスクが高まります。

不適切なシューズの選択も腰痛を悪化させる要因です。

クッション性が不足しているシューズや自分の足に合わないシューズは、衝撃が腰に伝わりやすくなります。

ウォームアップとクールダウンの不足も見逃せません。

準備運動や整理運動を怠ると、筋肉や関節が十分に準備できず、腰に負担がかかります。

そして、硬いアスファルトや不均一な地面で走ると、腰にかかる衝撃が大きくなり、腰痛が悪化することがあります。

最後に、無理なペース設定も悪化の原因です。

自分の体力や腰の状態を無視して速いペースで走ると、腰に過度な負担がかかります。

これらのポイントに注意し、適切な対策を講じることで、腰痛を悪化させずにランニングを楽しむことができます。

ここでは、腰痛時にランニングをすると悪化するパターンを詳しく紹介します。

過度なトレーニング

ランニングは健康に多くの利益をもたらす活動ですが、腰痛を持つ人が過度に行うと逆効果になることがあります。

特に高強度や長時間にわたるランニングは、腰部に大きなストレスを与え、腰痛を悪化させる原因となります。

ランニング時に腰が適切にサポートされず、不適切な地面への着地や、不均衡な体重のかかり方が続くと、腰に負担が集中し、痛みを引き起こす可能性が高まります。

このため、腰痛がある場合は、ランニングの前に医師やトレーナーと相談し、自分に合った運動量や強度を見極めることが大切です。

腰痛がある場合、過度なランニングは腰痛を悪化させる可能性があります。

不適切なフォーム

ランニングフォームは、ランニングの効果を最大限に引き出し、怪我のリスクを最小限に抑えるために重要です。

特に腰痛を持つランナーにとって、正しいフォームでのランニングは必須です。背筋を伸ばし、適切な脚の動きを意識しないと、腰への衝撃が大きくなり、腰痛を悪化させることがあります。

例えば、腰を丸めて走ると腰に過度な圧力がかかり、これが痛みを引き起こす原因になることがあります。

ランニングを始める前には、専門家のアドバイスを受け、基本的なランニングフォームを学ぶことが、腰痛の悪化を防ぐ鍵となります。

不適切なランニングフォームは腰痛を増悪させる原因となり得るため、適切なフォームの維持が必要です。

地面の硬さ

ランニングをする際の地面の硬さは、腰痛に大きく影響します。

特に硬いアスファルトやコンクリートの上でランニングすると、足からの衝撃が直接脊椎に伝わりやすくなります。

このような硬い表面でのランニングは、腰部に過剰な負担をかけ、腰痛を悪化させる可能性が高まります。

腰痛が気になる方は、なるべく柔らかい地面、例えば公園の土や芝生、トラックなど、衝撃吸収性の高い場所でのランニングを選ぶことが推奨されます。

また、衝撃を吸収するランニングマットや特別なランニングコースの利用も腰痛対策として効果的です。

腰痛を持つランナーは、硬い地面でのランニングを避け、衝撃吸収性の高い環境で運動することが腰痛悪化の防止につながります。

適切なウェアやシューズの不使用

ランニングにおいて適切なシューズやウェアの選択は、腰痛の予防及び悪化防止に重要な要素です。サポート力の高いランニングシューズは、走行中の足と腰への衝撃を吸収し、腰にかかる負担を軽減します。

一方で、サポートが不十分なシューズやサイズが合っていないウェアは、不自然な体の使い方を強いることになり、腰痛を悪化させる可能性があります。

特に腰痛を抱えているランナーは、専門店で足型や走り方の分析を受け、最適なシューズ選びを心がけることが推奨されます。

また、動きやすく体を適切にサポートするウェアを選ぶことも、腰痛のリスクを減らすためには重要です。

適切なランニングシューズとウェアを使用することで、ランニングによる腰痛のリスクを最小限に抑えることができます。

運動習慣がない状態から急にランニングを始める

ランニングは健康に良い運動ですが、適切な準備と段階的な強度増加が必要です。

特に運動習慣がない状態から突然、運動強度を高めることは、腰部に過大な負担をかける原因となります。

腰痛を持つ人が無理なランニングを行うと、その衝撃が直接脊椎に伝わり、症状を悪化させる可能性があります。

運動を始める際には、まずは少しずつ距離を伸ばすか、ランニングの代わりにウォーキングから始めることを推奨します。

また、運動前のストレッチや適切なウォームアップも腰痛悪化の予防に役立ちます。

急激な運動強度の増加は腰痛を悪化させるため、徐々に運動習慣をつけることが重要です。

既に腰に問題がある場合に無理に続けると悪化させる

腰痛がある状態でランニングを行う際は、既存の腰の症状を慎重に評価し、医師のアドバイスを受けることが非常に重要です。

腰の状態を無視してランニングを続けることは、痛みを増すだけでなく、恒久的な損傷に繋がるリスクもあります。

ランニングをする前には、適切なストレッチや軽い体操を行うことで腰にかかる負担を減らすことができます。

また、ランニング中に腰痛が増した場合は直ちに運動を中止し、必要に応じて医療機関を受診することが推奨されます。

適切な調整と医師の許可のもとでランニングを再開することが、安全に運動を楽しむ鍵です。

腰の症状を無視せず、専門家の指導の下で安全にランニングを行うことが腰痛管理には必要です。

腰痛改善に効果的なランニングの方法

腰痛 ランニング 効果

まず、適切なランニングフォームを維持することが重要です。正しい姿勢を保ち、前傾姿勢や後傾姿勢にならないよう注意します。体幹を安定させ、リズミカルに腕を振ることで、腰への負担を軽減できます。

次に、徐々に運動量を増やすことが大切です。急に長時間や高強度のランニングを始めるのではなく、短時間から始めて徐々に距離や時間を増やしていきます。これにより、腰の筋肉や関節が徐々に適応し、無理なく強化されます。

適切なランニングシューズを選ぶことも重要です。クッション性があり、自分の足に合ったシューズを選びます。シューズは定期的に交換し、摩耗が進んでいないかを確認することが必要です。

ウォームアップとクールダウンをしっかり行うことも欠かせません。ランニング前にストレッチや軽い運動で筋肉を温め、ランニング後にはゆっくりとしたストレッチで筋肉をほぐします。これにより、筋肉の柔軟性が向上し、腰への負担が軽減されます。

また、柔らかい地面を選んで走ることも有効です。芝生やトラックのような柔らかい地面は、アスファルトやコンクリートと比べて衝撃が少ないため、腰にかかる負担を減らすことができます。

最後に、自分の体調や腰の状態をよく観察し、無理をしないことが重要です。痛みが強くなる場合はランニングを中止し、専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。ランニングは健康に良い運動ですが、適切な方法で行うことが腰痛の改善につながります。

ここでは、腰痛改善に効果的なランニング方法を、詳しく解説していきます。

腰に負担をかけない正しいランニングフォーム

ランニング時のフォームは、腰痛の有無にかかわらず、全身の健康に大きく影響します。

特に腰痛を持つ人がランニングをする場合、正しいフォームを維持することは腰への負担を軽減し、痛みを悪化させるリスクを避けるために不可欠です。

正しいランニングフォームとは、背筋を真っ直ぐに保ちつつ、足の前部で地面をしっかりと蹴ることを意識することです。

これにより、衝撃が均等に分散され、腰への負担が減少します。また、体の中心部、特にコアの筋肉を意識的に使うことが、フォームの維持に役立ちます。

適切なランニングフォームの習得と実践は、腰痛のリスクを軽減し、ランニングの効果を最大限に引き出します。

運動前後には適切なストレッチングと軽いジョギングを行う

ランニングを始める前のウォーミングアップと終了後のクールダウンは、怪我を防ぎ、筋肉の柔軟性を高めるために非常に重要です。

特に腰痛がある場合、適切なウォーミングアップによって筋肉が温まり、より柔軟になることで、運動中の不意な怪我や腰痛の悪化を防ぎます。

ストレッチングは腰周りの筋肉だけでなく、脚と背中の筋肉を伸ばすことにも焦点を当てるべきです。

ランニング後のクールダウンは、運動によって高まった心拍数や体温を徐々に下げ、筋肉の緊張を解放し、回復を促進します。

ウォーミングアップとクールダウンの徹底は、腰痛の予防と筋肉の健康維持に不可欠です。

腰痛予防に効果的な筋トレとは?鍛えるためのおすすめメニューと注意点を解説

衝撃吸収機能やサポートが良いランニングシューズを選ぼう

ランニングを行う際に最も重要なのがシューズです。

特に腰痛を抱えているランナーにとって、適切なランニングシューズの選択は非常に重要です。

高品質のランニングシューズは、衝撃吸収機能を備えており、走行中の地面からの衝撃を効果的に減少させます。

これにより、腰にかかる負担が軽減され、腰痛の悪化を防ぐことができます。

シューズ選びの際には、専門店で足型分析を行い、自分の足に合ったサポートとクッション性を提供するモデルを選ぶことが推奨されます。

また、ランニングシューズは摩耗によりその効果が低下するため、定期的な交換も必要です。

良質なランニングシューズの選択は、腰痛予防において非常に重要であり、ランニングの効果を最大化します。

初めは短距離から始め徐々にランニングの距離を伸ばしていく

ランニングプログラムを始める際、特に腰痛を持つ人は、過度な負担を避けるためにも、段階的に距離を伸ばすアプローチが理想的です。

初めに短い距離から始め、徐々にランニングの距離や時間を増やしていくことで、体がストレスに適応する時間を持てます。

この徐々に負荷を増やす方法は、腰への負担を最小限に抑えると同時に、持久力や筋力を安全に向上させることができます。

運動の強度を急に上げることは、腰痛のリスクを増大させる可能性があるため、特に注意が必要です。

運動後の体の反応を常に監視し、痛みや不快感が出た場合には活動量を調整することが重要です。

段階的にランニングの距離を伸ばすことは、腰痛のリスクを管理しながら、ランニングの効果を享受するための安全策です。

自分の体調と腰痛の症状に注意を払う

ランニングは腰痛改善に有効な手段ですが、その効果を安全に享受するためには、自己の体調を常にモニタリングすることが不可欠です。

ランニングプログラムに取り組む際は、特に腰痛の症状を注意深く観察し、活動中や活動後の体の反応をチェックすることが重要です。

例えば、ランニング後に腰痛が増す場合や、不快感が持続する場合は、ランニングの強度や方法を見直す必要があります。

また、症状が改善しない場合や悪化する場合には、専門の医師に相談し、適切なアドバイスを求めることが推奨されます。

定期的に腰痛の状態を評価し、必要に応じて運動計画を調整することは、ランニングを続ける上での効果を最大限に引き出し、腰痛のリスクを最小限に抑えるための鍵となります。

腰痛の症状に対する定期的な評価と適切な対応は、ランニングの効果を安全かつ効果的に享受するために非常に重要です。

ぎっくり腰ならランニングを控えて安静した方がいい理由

腰痛 ランニング 効果

ぎっくり腰の場合は、急性の痛みと腰部の不安定感を伴うため、ランニングなどの衝撃を伴う運動は避けるべきです。

この時期にランニングを行うと、痛みを悪化させたり、回復期間を延長してしまう可能性があります。

安静を保ちつつ、冷却や適切なケアを行いながら、徐々に日常活動に戻ることが、痛みの解消と健康な状態への回復につながります。

特に、ぎっくり腰の初期には、無理に動かさず安静にすることが重要です。

炎症を抑えるために冷却を行い、必要に応じて医師の指導のもとで痛み止めや抗炎症薬を使用することが推奨されます。

また、無理に運動を再開すると、腰の筋肉や関節に余計な負担をかけることになり、再発のリスクが高まります。

安静期間を守り、専門家の指導に従ってリハビリを進めることが、長期的な健康を維持するために不可欠です。

ここでは、ぎっくり腰ならランニングを控えて安静したほうがいい理由を、詳しく解説しています。

ぎっくり腰は激しい運動は炎症をさらに悪化させる可能性がある

ぎっくり腰は、突然の重いものの持ち上げや不自然な動作によって引き起こされることが多い筋肉や靭帯の急激な損傷です。

この状態でランニングなどの高負荷運動を行うと、既にダメージを受けている腰部にさらなるストレスが加わり、炎症が悪化する可能性が高まります。

炎症が悪化すると、回復に必要な時間が延びるだけでなく、腰痛の程度が悪化することもあります。

そのため、ぎっくり腰を経験した場合は、ランニングを含む激しい運動は避け、炎症が落ち着くまで十分な休息を取ることが推奨されます。

ぎっくり腰の治療と回復には、激しい運動を控えることが効果的です。

腰痛やぎっくり腰の応急処置はどうしたらいい?原因の解説とセルフケアチェックの方法

ランニングによる衝撃が患部に直接影響痛みが増加

ランニングは全身を使う運動であり、特に腰部に大きな負担がかかります。

ぎっくり腰のように腰部に急性の損傷がある場合、ランニング中の衝撃が直接的に患部に伝わり、既存の痛みを悪化させることがあります。

また、ランニングによる揺れや衝撃は、痛みを感じる神経を刺激し、痛みの感覚を増幅させる可能性があります。

このような状況を避けるためにも、ぎっくり腰の発生後はランニングを控え、腰部に負担をかけない低影響の運動や、医師の指導のもとでのリハビリテーションに集中することが重要です。

ランニングによる衝撃を避け、痛みの増加を防ぐためには、ぎっくり腰発生時には安静を保つことが必要です。

激しい運動によりその治癒が遅れる

ぎっくり腰の治療においては、適切な休息が非常に重要です。

筋肉や靭帯の急激な損傷後、体は自然な治癒過程を経て回復を試みます。

この過程では、体のエネルギーとリソースが損傷部位の修復に必要です。

ランニングのような運動は、このデリケートな回復過程に追加のストレスを与え、治癒を遅らせる可能性があります。

運動による振動や衝撃が損傷部位に伝わることで、炎症が増し、痛みが悪化することもあります。

したがって、特にぎっくり腰の急性期にはランニングを避け、体が自然に治癒するのを助けるために十分な安静を保つことが推奨されます。

安静にして治癒過程を促進することが、ぎっくり腰の回復には効果的です。

急性期に無理な運動を行うと再発するリスクが高まる

ぎっくり腰は、一度発生すると再発しやすい特徴があります。

特に治癒が完全ではない状態でのランニングや他の高負荷運動は、再発のリスクを大幅に増加させる可能性があります。

急性期の損傷部位は非常に脆弱で、不適切な運動により容易に再損傷することがあります。

ランニングは脊椎と腰部に多大な力がかかる運動であるため、ぎっくり腰の回復途中では特に避けるべきです。

再発を防ぐためには、医師や理学療法士の指導のもと、徐々に運動強度を増やすことが重要です。

このような段階的なアプローチにより、体は適応しやすくなり、腰痛の再発リスクを最小限に抑えることができます。

ぎっくり腰の再発を避けるためには、急性期の無理な運動を控えることが必要です。

まとめ

nobu先生が院長のセルフケア整体の場所は?|YouTubeで大人気の整体師が整体院を誕生させたワケ

ランニングは多くの人にとって有益なスポーツですが、不適切な姿勢や方法で行うと、腰痛を引き起こす原因となることもあります。

特にランナーにとって腰痛は大きな問題となり得るため、適切な予防策と治療法を知っておくことが重要です。

まず、腰痛の主な原因として、筋肉の負担が不均等にかかることが挙げられます。ランニング中の姿勢が正しくないと、腰椎に過度のストレスがかかり、痛みが発生する可能性が高まります。

効果的に腰痛を改善するためには、体の使い方を見直し、腰を支える筋肉を強化する運動を行うことが必要です。

具体的には、腰痛予防のためには、ランニング前後のストレッチや筋肉を強化するトレーニングが効果的です。

特に、腰痛を抱えるランナーは、体の前面と後面の筋肉バランスを整えることが大切で、これによって体の支える力が向上し、腰への負担を減らすことができます。

また、腰痛が既に発生している場合には、適切な治療を受けることも重要です。

医療専門家の診断を受けて、症状に応じた治療プランを立てることで、痛みを管理しつつランニングを続けることが可能になります。

このように、ランニングと腰痛は密接に関連しています。

ランニングを続けることで健康を促進する一方で、正しい方法で行うことが、腰痛を予防し、より良いランニングライフを送るためには必要不可欠です。

最新の記事はこちら

よくある質問

  • Q

    セルフケア整体と他の整体の違いについて教えてください

    A

    一言で言えば、TV、YouTubeや海外TED等で高く評価頂いている手法で、どこの整体よりもトータルで時間とお金を無駄にしないために、通わせない施術を行います。さらに、お客様の身体の状態に適したオーダーメイドのセルフケアをお客様ご自身に身につけてもらうプランも用意しており、二度と整体いらずの身体を手に入れてもらうことが出来る唯一の整体です。

    すでに院長のnobu先生の動画を通じて、沢山の人からご好評頂けておりますが、動画だけでは伝えられない、その人の身体の筋肉量にあった適切な負荷量、セルフケアの順番などをお一人、お一人に合わせてお伝えするために当院を開院いたしました。

    当院では、ご自身で行うセルフケアを行わない施術だけのプランと、セルフケアをマスターしていただくオーダーメイドセルフケアマスタープランの2種類の施術をご用意しております。

    短期間で原因がわかり効果が出るので、どこに行っても治らないと悩みが深い人ほど生活の質が改善して行くのが実感できるので、喜んでもらえます。基本、痛み治すだけなら程度にもよりますが、割とすぐなので、治ったら来ないでいいです。加えて、ズボラ筋が実際に働くようになるにつれて、痛みが取れて行くだけでなく、同時に痩身効果、美容効果、運動効率改善など様々なメリットが受けれる整体になります。

    2,3回続けていくうちに、痛みが緩和するだけでなく、ぽっこりお腹がへこんだ、夜間頻尿が治った、睡眠が深く取れるようになった、むくみがかなり改善してほっそりしたというような効果が出てきます。これは原因となる筋肉をきちんと運動療法にて鍛えて行くことにより、ただ痛みが取れるだけではなく、身体の筋肉バランスが適切に働くようになることの効果です。

    セルフケア整体では、短い時間で、痛みを取るのは前提であって、痛みが二度と戻らない、時間とお金を無駄にしない施術を心がけております。痛みがすぐ取れるのでそいしたら来る必要はありません。何度も通わなくていいです。また、セルフケアマスタープランの方は、一生整体に行かなくて良くなることがゴールで施術を通してオーダーメイドのセルフケアプランを提供します。ご自身であとで振り返れるように、実際にその場で教えた内容を教材として動画など撮影をして、ご提供していきます。

    「一生」がポイントです。殆どの整体では、痛みをとることに主眼を置いて、自分の身体を真に健康維持できる手法をその人の状態に合わせて教えてくれません。何故ならば、それをしてしまうと2度とお客様がきてくれなくなってしまうからです。

    実は、ほとんどの鍼灸、筋膜リリース、マッサージ、ストレッチは痛んでいる筋肉やその周辺を緩ませるアプローチをします。痛みを取るのが目的であり、また、痛んだ場合には通ってもらうことを目的とするからです。

    常に痛みが出たら戻ってきて欲しい。そのため、自分で健康を維持する方法を伝えることは絶対にしません。わかっている人はいたとしても、教えるメリットが何もないのでしないのです。何年も、回数券販売を通じて通わせ続けることで、人生の中で、関節痛だけに総額何十万円投資してしまってる人は多いです。そして、結局はまた身体のバランスが悪くなったら、痛みが戻るということを繰り返しており、nobu先生もこれに深く悩んでおりましたので、時間とお金の無駄をなくして欲しいと思って、当院を開院した経緯もございます。

    我々は不調を治すセルフケアマスタープランは、6回1セットで教えており、初回は返金保証もつけて、どこの整体よりもトータルで安い金額と短い期間で改善させることをしております。短い期間で集中的に一生物のスキルを早いうちに身につけた方が圧倒的に費用対効果が高くなります。(詳しくは料金・メニューをご覧ください。)

    また、セルフケアをご自身でやるのは、面倒くさい、同じことを先生にやってもらいたいという方は、単価を通常の整体と同じ程度の値段でご提供しております。この場合でも、他の整体よりは早く改善されて痛みのある生活からは解放されます。(詳しくは料金・メニューをご覧ください。)

    私たちはこの王道とも言える方法を広めることで、日本発の世界で信用される整体を広めていきたいと強く願っており、日本でも健康寿命を5年は延長させたいと本気で考えております。

  • Q

    長い間ずっと体の痛みについて悩んでいます。どこに行っても結果的にまた痛くなってしまうのですが、治せますか?

    A

    セルフケア整体の整体手法は、10年悩んでいる人がご自身の痛みの原因を知れて1回で驚く効果を得ることが出来るため、長年関節の痛みにトラブルを抱えている方にとって大変お勧めです。

    身体が痛くて動きづらいから治したいと、これまであれこれと悩み、苦しまれてきた方には、「あっ!」と驚く変化をお約束します。院長のnobu先生自身が身体の痛みに10年以上悩まれてきて、やっと見つけた手法であり、本当に多くの人に知って欲しいと日々活動しております。実際に、多くの方が、初回の施術で身体の変化を実感され、前向きにケアを続けていらっしゃいます。手術が必要とお医者様に言われた方が、実際には全然必要なくなった、そんな事例が沢山あります。丁寧なカウンセリングと現地でのお体の検査と、実際の施術を通じて、オリジナルのセルフケアトレーニング方法を導き出し、一緒に身体の再生を図り、元の元気で快活な身体へと導きます。

  • Q

    過去、整体に何度も通ってもまた身体の不調箇所が元に戻ってしまいました。整体師さんに身体を任せるのが不安なのですが。

    A

    身体の痛みを楽にしたいからと、一時的に筋肉をほぐして痛みを無くしたように見せる施術にはご注意ください。

    施術後は一旦身体が軽くなったように感じますが、そもそも原因が何かを特定しているわけではなく、対処療法的に痛みをとっているだけです。本当の意味で治してしまうと商売にならないから出来るだけ長い時間通わせようとして回数券売るところばかりなのが整体業界の実態です。

    初回料金が安くて、高額な回数券(30万円等)を販売するようなところもあるのでご注意ください。当院の方が圧倒的にコスパが良いです。通院期間も聞いてみて下さい。しっかり答えられないところや、半年や1年必要というところは治す気がそもそもない可能性が高いです。当院ではどれだけ長くてもきちんと通って貰えれば手術が必要なレベルで時間がかかるでも3ヶ月です。

    これまであれこれと施術をしてもすぐ元に戻っていた方が、セルフケア整体で、しっかりとご自身に合ったセルフケアを覚えてからは、その変化がづっと続くことを実感して頂いております。結局ちゃんと自分の身体のことを把握出来て、ご自身でケアできるようになるのが、時間とコストの両面にとって、長期的な目線で誰にとっても良い手法になると我々は信じております。

    また、無駄な施術は一切しませんので、セルフケアをご自身でやるのがめんどくさい人は、普通に施術を通してズボラ筋を働かせていくので、通常の整体よりも早く治ります。

    丁寧なカウンセリングで身体の状態を確認し、身体に負担を掛けないようにオーダーメイドでセルフケアの方法をお伝えします。トラブルが改善され始めると、一気に本来のとっても元気で快活な若々しい身体に戻りますよ。

  • Q

    丁寧な施術とのことですが、時間はどのくらいかかりますか?

    A

    カウンセリングからお体の検査と施術、アフターカウンセリングまで、1.5時間ほどお時間をいただいています。

    初回のカウンセリングで身体の状態を細かく確認し、同時にカルテを作成します。また、毎回きちんとお体の筋肉の状態を把握するために検査をさせて頂いております。その後施術を受けられると、皆さん一度で痛みが取れて驚かれます。そして自分の身体のどこが悪かったのかを正確に知ることが大切ですので、しっかり身体の状態についてお伝えします。そして、お一人お一人に合ったセルフケアもお伝えします。2回目以降は、前回の施術からの身体の変化と、セルフケアを実施して頂いた変化の両方を確認してから施術へと移ります。

  • Q

    どのくらいの期間、施術をするとホームページの写真のように快活な身体になりますか?

    A

    痛みを取るだけなら1,2回、あなたの身体の変化を見ながら、適切なセルフケア方法を伝えるには3回、ないし、6回かかります。

    上半身か下半身のいずれかにお悩みのある方で3回、両方お悩みのある方で6回ほどセルフケアを覚えて頂くのにお時間を頂戴しております。オーダメイドセルフケアマスタープランでは、1箇所3分で出来るセルフケアを覚えて実践することで二度と痛まない身体を手に入れ、整体にいく必要もなくなります。

    また、ズボラ筋は全身で繋がっており連動しておりますので、満遍なく鍛えることで、痩身効果、美容効果、運動効率改善をご実感して頂けております。

    多くの方が、初回の施術で身体の変化を実感されます。初回来院時に、ご満足いただけない場合は返金保証も付けております。ほとんどの方はご満足いただいて、その後、前向きにケアを続けていらっしゃいます。痛みを取るだけなら初回の施術でその効果を実感いただけます。

    セルフケア整体ではプロの視点から、痛みを取るのは前提で、あなたの身体の改善状況、次にどのようなケアをすれば身体に効果的か、逐一アドバイスをします。

    私たちがそばに寄り添って二人三脚でサポートしますので、みなさんほっとご安心され、間違った身体のケアによるトラブルが見られなくなります。

    また、そこから先継続されて一日5分でも実践されてる方は、2〜3ヶ月で、人間本来の身体の働きが取り戻せますので、姿勢が綺麗になり、無駄な脂肪が落ち、身体が疲れにくくなり、スポーツをされてる方はご自身の身体のパフォーマンスが上がることをご実感いただけます。

    ぎっくり腰や深刻な腰痛、坐骨神経痛や肩こりなど様々な関節痛に悩まされていた人は、予防効果が出て二度と整体に行かなくて良くなることが実際にご実感いただけております。

    新陳代謝も上がり、リンパが流れ、浮腫も取れますし、内臓脂肪なども取れていきます。更に、血圧が安定することで、健康になり夜間頻尿や生理痛などの様々な症状が緩和されていきます。

    全身のセルフケアを習慣化して頂くことで、短期的な痛みをとるだけではなく様々な予防、美容、痩身、運動効率改善の効果が見込めます。

  • Q

    初めての予約でもLINEからしていいでしょうか?

    A

    はい、ぜひLINEからご予約くださいませ。マンツーマンで施術をしておりますため、お電話に出られないときもございます。LINEよりご連絡いただけましたら、担当スタッフより速やかにご案内を返信させていただきます。

  • Q

    どんな身体の痛みでもセルフケアで治すことができますか?

    A

    殆どの間接の痛みをとり、運動パフォーマンスを上げることが可能ですが、以下の場合は効果が減少ないし別の治療が必要になります。

    ・リウマチによる痛みがある場合(こちらは専門の治療がいずれにせよ必要になります)

    ・急性時の痛み(足首のねんざ、靱帯損傷など)でひどく腫れている場合は、腫れが治る期間が必要です。)

    ・肩関節の拘縮 (これは筋肉が正常ではなく線維状になっているため、半年など時間や回数を多く施術しなければ改善しません。)

    ・しびれが常時ある (これは神経が傷ついているため、状態によっては病院で検査が必要になります。常時しびれがある場合(寝ているときも)しびれは改善しません。施術により痛みは改善していきますが、筋力がかなり落ちている状態であるため治すには1~2か月必要となります。)

    ・骨の変形が著しく進んでいる場合

他にもわからないことやご不安なことなどありしたら、
最寄りの店舗のLINE、お電話にてお気軽にご連絡くださいませ。
スタッフが丁寧に対応させていただきます。

近くの店舗を探す
24時間スマホで簡単に予約可能 さっそく予約する