最終更新:2024.06.10

【腰痛に効く市販の痛み止めのおすすめ商品】薬の選び方や注意点を解説

腰痛で日常生活に支障をきたしているあなたに、市販の痛み止めが心強い味方となるでしょう。

市販薬の中には、腰痛に特化した効果的な成分を配合した鎮痛剤があります。

「強力な薬も含め、どの薬を選べばいいの?」

「ぎっくり腰のような急な痛みに対して鎮痛剤を服用しても安全?」

「腰の痛みがひどい時、どんな市販の痛み止めを選べばいいの?」

「服用する際の注意点は?」

などと、悩みを抱えている人は多いです。

市販でおすすめの痛み止めは、ロキソニンなど、痛みに直接作用する成分を含む製品です。

ロキソニンのテープタイプやジェルタイプなどは、腰痛や肩こりに広く利用されており、使用前には配合されている成分や副作用に注意が必要です。

市販の痛み止めは、病院へ行く時間がないときにもすぐに入手可能で、慢性的な腰痛を緩和するのに役立ちます。

ただし、個々の健康状態や腰痛の原因によっては、内服薬が適さない場合もありますので、使用前には医師や薬剤師に相談することが大切です。

市販の痛み止めを選ぶ際は、正確な情報と安全な使用方法を心掛け、腰痛から解放される第一歩を踏み出しましょう。

この記事では、病院での受診が必要な腰痛の症状、腰痛に効く市販の痛み止めのおすすめ商品、腰痛に効く市販の痛み止め薬の選び方・成分・副作用・注意点、腰痛の痛み止め薬の服用を避けるべき人を紹介しています。

【ズキズキ腰痛の原因と症状】危険な病気の可能性と痛みを和らげる方法や予防を解説

目次

【腰痛が激しい場合】病院での受診が必要な症状を見極めよう

腰痛 痛み止め 市販

腰痛が激しい場合、特定の症状が現れた時は病院での受診が必要です。

激しい腰痛が急に発生した場合や、腰痛が数週間以上続いている状況は、ただちに医療機関を訪れるべきサインです。

また、腰の痛みに加えて足にしびれや強い痛みが走る場合、これは神経が圧迫されている可能性を示唆しています。

さらに、発熱、体重減少、体のだるさなど他の健康問題が伴う場合も深刻な病気が隠れている恐れがあるため、診断を受けることが重要です。

特に、腰痛が夜間や休息時に悪化するようなら、これは炎症や感染症の可能性があるため、速やかな医療の介入が求められます。

これらの症状が見られる場合には、早期に適切な治療を受けるためにも、医師の診察を受けることが最善の策となります。

  • 【腰痛が激しい場合】病院での受診が必要な症状を見極めよう
    ◻️痛みが激しく市販薬で改善が見られない
    ◻️腰痛が足に向かって放散痛がある
    ◻️足や腰に麻痺や強いしびれを感じる
    ◻️排尿や排便などに関する問題がある
    ◻️腰痛と同時に発熱がある
    ◻️事故や怪我による腰痛

ここでは、病院での受診が必要な腰痛の症状を、詳しく解説しています。

【最新版】腰痛専門のクリニックで治療で失敗しない選び方!東京都などのおすすめ病院を紹介

痛みが激しく市販薬で改善が見られない

市販の痛み止めで腰痛が改善しない場合、病院での受診を検討すべきです。

市販の痛み止めは一時的な軽度の腰痛には効果的ですが、激しい痛みや長引く腰痛には適していない場合があります。

腰痛が持続し、市販薬での改善が見られない場合は、その原因を正確に診断するためにも専門の医師の診察が必要です。

痛みが強い場合には、内服薬だけでなく、より専門的な治療が必要になることもあります。

また、鎮痛剤を過剰に服用することは副作用のリスクも高まり、健康を損なう可能性があります。

使用している市販の痛み止めの成分や効果、適切な服用方法について、薬剤師に質問することも大切です。

このような状況では、痛みの原因を突き止めるために、医薬品の選択だけでなく、治療方法についても専門家と相談し、最適な健康管理を図ることが推奨されます。

ロキソニンが効かない腰痛について解説します!

腰痛が足に向かって放散痛がある

足に向かって放散する腰痛は、神経の圧迫が原因かもしれません。

腰痛が足に放散する場合、それは単なる筋肉痛以上のものかもしれません。

特に、痛みが一方の脚に向かって広がる場合、坐骨神経痛の可能性があります。

これは脊椎の異常やヘルニアによる神経の圧迫が原因で起こることが多いです。

市販の痛み止めでは対処できない深刻な状況であり、専門的な治療が必要になることがあります。

この種の腰痛は、放置することで症状が悪化することがあるため、早めに整形外科などの専門医を受診することが重要です。

治療方法としては、薬物療法の他にも、必要に応じて物理療法や手術が考慮される場合があります。

痛みの感じ方、痛みが生じる具体的な条件などを医師に詳しく伝え、適切な診断を受けることが重要です。

【腰痛と太もも裏の痛みやしびれ】坐骨神経痛の原因・症状・治療法・予防法を紹介

足や腰に麻痺や強いしびれを感じる

腰痛とともに足や腰に麻痺や強いしびれがある場合、即座に医療機関を受診してください。

腰痛が原因で足や腰に麻痺やしびれを感じる状態は、神経障害の兆候である可能性が高く、重大な病気が隠れていることがあります。

特に「馬尾症候群」と呼ばれる緊急を要する状態は、神経が大量に圧迫されている状態であり、未治療の場合、永続的な障害を引き起こすリスクがあります。

市販薬の痛み止めでは解決できないこれらの症状は、速やかに病院での精密な検査が必要です。

診察では、MRIやCTなどの画像診断を行い、痛みや麻痺の原因を特定します。

可能な限り早期に適切な治療を開始することが、回復に向けて非常に重要です。

腰痛と指や手足のしびれの原因や症状からわかる可能性のある病名!改善・予防方法を紹介

排尿や排便などに関する問題がある

腰痛が排尿や排便の問題を引き起こしている場合、緊急な医療介入が必要です。

腰痛が膀胱や腸の制御に影響を与えている場合、これは馬尾症候群と呼ばれる重大な状態の兆候である可能性があります。

これは、脊髄の神経が圧迫されていることを示しており、適切な治療を迅速に行わなければ、永続的な損傷や機能障害を引き起こすリスクがあります。

この症状が見られる場合は、ただちに医療機関を受診し、正確な診断と必要な治療を受けることが重要です。

市販の痛み止めや自己管理では対応が難しいため、専門医の介入が必須となります。

腰痛と排泄に関するトラブルが連動している場合には、専門医による評価を受け、医薬品の服用や治療方法について相談することが求められます。

腰痛と同時に発熱がある

腰痛に発熱が伴う場合は、感染症や他の深刻な健康問題の可能性があります。

発熱と腰痛が同時に発生するとき、これは体内で何らかの感染症が起きている可能性があるため、ただの筋肉痛や慢性的な腰痛以上の問題かもしれません。

このような症状は、椎間板感染症や脊髄膿瘍など、緊急の医療対応を必要とする病態の警告サインです。

市販の痛み止めでは対処できないこれらの症状に対して、速やかに医療機関での診察を受けることが不可欠です。

病院での検査では、原因を正確に特定するために血液検査や画像診断が行われることが多く、適切な治療が施されます。

患者は健康状態を詳しく伝え、正確な診断と効果的な治療計画のために、医師と密接に協力する必要があります。

腰痛と腹痛が同時に起こる原因とは?痛みに潜むがんの症状の可能性について

事故や怪我による腰痛

事故や怪我が原因で発生した腰痛は、深刻な内部損傷を示唆している可能性があります。

交通事故や転倒など、突然の事故により生じた腰痛は、ただの打撲や筋肉痛だけでなく、椎間板ヘルニアや骨折など、より深刻な問題を指摘する可能性があります。

このタイプの腰痛は、市販薬での治療を超えた専門的な医療が必要です。

事故後に腰痛が発生した場合、適切な診断と治療を受けるために速やかに医療機関を受診することが推奨されます。

医師は通常、X線やMRIなどの画像診断を行い、腰痛の原因となる損傷の程度を評価します。

このような腰痛には、治療方法が複数存在するため、個々の症状や健康状態に最も適した方法を選択することが重要です。

腰痛に効く市販の痛み止めのおすすめ商品5選

腰痛 痛み止め 市販

腰痛に悩む方々にとって、市販の痛み止めは日常生活を快適に送るための強い味方です。

今回紹介する5つの製品は、それぞれ異なる成分と作用機序を持ち、腰痛の症状に効果的に作用します。

軽度から激しい腰痛まで、痛みの程度や体質、好みに応じて選べる幅広い選択肢が提供されているため、自分に最適な痛み止めを見つけることが可能です。

それぞれの製品が持つ特性を理解し、用途に合わせて適切に使用することで、腰痛による不快感を効果的に軽減することができるでしょう。

どの製品も安全性が高く、信頼できるメーカーから提供されていますが、使用する前には成分や効果、副作用をしっかりと確認し、必要に応じて医師や薬剤師と相談することも重要です。

  • 【腰痛に効く市販の痛み止めのおすすめ商品を紹介】
    ◻️ロキソニン
    ◻️ボルタレン
    ◻️エスファイト
    ◻️アリナミン

ここでは、腰痛に効く市販の痛み止めのおすすめ商品5選を、詳しく解説しています。

腰痛に使う冷湿布と温湿布の効果や使い分ける方法

ロキソニン

市販で手軽に購入できるロキソニンは、腰痛に対して迅速な鎮痛効果を提供します。

ロキソニンEX外用薬シリーズ公式サイト

ロキソニンEX外用薬シリーズの特徴は、以下の通りです⇩

  • 主成分:ロキソプロフェンナトリウム水和物が主成分で、鎮痛消炎効果が優れています。
  • 最高濃度配合:ロキソニンEXテープとテープLでは、ロキソプロフェンナトリウム水和物をシリーズ史上最高濃度の8.1%で配合。
  • 製剤の工夫:従来品よりも膏体量を減らすことで有効成分の濃度を上げています。
  • 追加成分
    • ・EXテープ・テープLには、トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)とl-メントールが追加配合されています。
    • ・EXゲル・ローションには、l-メントールが配合されています。
  • 効果 痛みの芯まで直接浸透し、鎮痛・抗炎症作用を発揮します。
  • 機能
    • ・l-メントールが清涼感を提供し、痛みを和らげます。
    • ・トコフェロール酢酸エステルが血行を促進し、痛みの緩和を助けます。

これらの特徴により、ロキソニンEXテープとテープLは、痛みに迅速かつ効果的に対応するための外用薬として設計されています。

利用者は、服用前に医薬品の成分情報を確認し、可能な限り医師や薬剤師に相談して自身に適した使用方法を確認することが大切です。

ロキソニンが効く腰痛について解説します!

ボルタレン

ボルタレンは、強力な抗炎症作用を持ち、慢性的な腰痛に特に推奨される市販薬です。

ボルタレン公式サイト

ボルタレンの特徴は、以下の通りです⇩

  • 有効成分:ジクロフェナクナトリウムを使用し、痛みと炎症の原因であるプロスタグランジンの生成を抑制します。
  • 鎮痛消炎効果:痛みのある部位に深く浸透し、炎症を直接鎮めるすぐれた鎮痛消炎効果を発揮します。
  • 浸透力:独自の製剤技術により、皮膚の角質層を通じて炎症部位へ迅速に浸透します。
  • 持続力:テープ剤は1日1回の貼付で24時間効果が持続します。
  • 剤形の多様性
    • ・テープ、ゲル、ローション、スプレー(クールタイプのみ)から選べます。
    • ・テープL(大判)は広い部位に適しており、腰や肩の痛みに有効です。
    • ・ゲルは速乾性アクアゲルでべとつかず、関節や動く部位に簡単に塗布できます。
    • ・ローションは広範囲に素早く塗布可能で、乾きやすいため、手や首すじなどの見える部位にも適しています。
  • 特定の成分追加:l-メントールとN-メチル-2-ピロリドンが追加され、痛みのもとへの浸透を助け、清涼感を提供します。
  • シリーズの選択肢:クールタイプと無香料タイプがあり、使用感に応じて選べます。

市販薬であっても、その使用は慎重に行い、痛みの緩和だけでなく、体の健康全体を考慮することが求められます。

エスファイト

「エスファイト」は、ビタミンB群を主成分とし、眼精疲労、肩こり、腰痛などの症状緩和に効果的な医薬品です。

エスファイトゴールド公式サイト

エスファイトゴールドDXこ公式サイト

エスファイトゴールドの特徴は、こちらです。⇩

  • 【エスファイトゴールドの特徴】
  • 眼精疲労、肩こり、腰痛、神経痛、手足のしびれに効果があるビタミンB1・B6・B12製剤。
  • 肉体疲労時、妊娠・授乳時期、病中病後の体力低下時のビタミンB1・B6・B12の補給に。
  • 自律神経の働きを助けるガンマ-オリザノールも配合。
  • 5才以上のお子様にも使用可能。

エスファイトゴールドDXの特徴は、こちらです。⇩

  • 【エスファイトゴールドDXの特徴】
  • 眼精疲労、肩こり、腰痛、神経痛、手足のしびれに効果があるビタミンB1・B6・B12製剤。
  • 肉体疲労時、妊娠・授乳時期、病中病後の体力低下時のビタミンB1・B6・B12の補給に。
  • 1日1回の服用で、目、肩、腰のつらい症状に効果を発揮。
  • ビタミンE・ニコチン酸アミドも配合し、ビタミンB群をサポート。
  • 5才以上のお子様にも使用可能。

エスファイトゴールドとエスファイトゴールドDXの違いとしては、配合成分が違います。

以下を参考にしてみてください。⇩

  • 【エスファイトゴールドとエスファイトゴールドDXの違い】
  • エスファイトゴールド: ビタミンB1、B6、B12に加えてガンマ-オリザノールを含む。
  • エスファイトゴールドDX: ビタミンB1、B6、B12の基本成分に加えて、ビタミンEとニコチン酸アミドが含まれている。

腰痛の原因によっては、他の治療方法と併用することが効果的な場合もありますので、医師や薬剤師との相談をお勧めします。

アリナミン

アリナミンはビタミンB群を含み、神経痛や腰痛に効果的な市販の痛み止めです。

アリナミンEX プラス公式サイト

アリナミンメディカルゴールド公式サイト

アリナミンEX プラスαの特徴は、こちらです。⇩

  • 【アリナミンEX プラスαの特徴】
  • 抗疲労成分「フルスルチアミン」及び神経機能維持に必要なビタミンB6、B12を配合。
  • パントテン酸カルシウム、天然型ビタミンE、ガンマーオリザノールも含む、全身の代謝と血液循環をサポート。
  • 脂質、タンパク質、糖質をエネルギーに変えるビタミンB2を配合。
  • 目、肩、腰の疲れに特に推奨。

アリナミンメディカルゴールドの特徴は、こちらです。⇩

  • 【アリナミンメディカルゴールドの特徴】
  • 「フルスルチアミン」、末梢神経修復の「メコバラミン」、活性型ビタミンB6を含む。
  • 天然型ビタミンE、葉酸、ガンマーオリザノールを配合し、血液循環と神経機能をサポート。
  • 目、肩、首すじ、腰のつらい症状に効果的。
  • 手足のしびれにも効果的とされる。

アリナミンEX プラスαとアリナミンメディカルゴールドには、配合成分や治癒する症状の違いがあります。

  • 【アリナミンEX プラスαとアリナミンメディカルゴールドの違い】
  • 配合成分
    • ・アリナミンEX プラスα:全体の疲労感や代謝機能のサポートに焦点。
    • ・アリナミンメディカルゴールド:特に神経の修復と痛みやしびれへの対策に特化している。
  • 目標症状
    • ・アリナミンEX プラスα:一般的な疲労や日常的な体の不調に対応。
    • ・アリナミンメディカルゴールド:より重度の痛みやしびれなど、特定の症状に特化。

これにより、アリナミンメディカルゴールドはより専門的な症状に対して設計されているのに対し、アリナミンEX プラスαは日常的な疲労回復と全体的な体調維持に焦点を当てています。

アリナミンを服用する際には、ビタミンB群の過剰摂取に注意し、可能な限り医師の指導のもとで使用することが望ましいです。

フェイタス

フェイタス®Zαジクサス®は、激しい痛みに対して長時間効果を発揮する高濃度鎮痛消炎成分配合の貼付剤です。

フェイタス®Zαジクサス® 大判

フェイタス®Zαジクサス®の特徴は、こちらです。⇩

  • 【フェイタス®Zαジクサス®の特徴】
  • 「ダブル鎮痛処方」で激しい痛みに効果的。
  • 効きめ成分ジクロフェナクナトリウムをOTC最高濃度の2.0%配合。
  • ℓ-メントール3.5%配合により、効果感が向上。
  • 1日1回の使用で24時間痛みを抑える長持ち効果。
  • 短辺の伸縮性向上でフィット感がアップし、皮膚へのダメージが軽減。
  • ジクロフェナクナトリウム配合の貼付剤として初めて使用期限が3年に延長。
  • 大判サイズで腰などの広い部位をカバー可能。

使用上の注意は、指示された用途や方法を守らないと副作用や症状悪化のリスクがあるので、薬剤師や医師の指導のもとで使用しましょう。

腰痛に効く市販の痛み止め薬の選び方

腰痛 痛み止め 市販

腰痛に効く市販の痛み止め薬を選ぶ際は、いくつかの重要な点を考慮する必要があります。

まず、腰痛の原因となっている症状を理解することが重要。

炎症を伴う腰痛であれば、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が効果的で、痛みと同時に炎症を抑える効果があります。

一方で、筋肉の緊張が原因の腰痛には、筋弛緩剤を含む薬が適していることがあります。

次に、薬の形状を選ぶことも大切です。内服薬、塗り薬、貼り薬など、自分のライフスタイルや好みに合った形状を選ぶことで、使用が継続しやすくなります。

また、副作用にも注意が必要です。

特に胃腸が弱い人は、胃に優しい成分の薬を選ぶか、食後に服用するようにしましょう。

使用する前には必ず薬の説明書を読み、推奨される用量を守ることが大切です。

不安な点があれば、薬剤師に相談するのも良いでしょう。

  • 【腰痛に効く市販の痛み止め薬の選び方】
    ◻️成分を確認する
    ◻️用途に合った薬を選ぶ
    ◻️併用禁忌薬のチェック
    ◻️パッチタイプか内服薬かを選ぶ
    ◻️副作用を理解する

ここでは、腰痛に効く市販の痛み止め薬の選び方について、詳しく解説しています。

腰痛を早く治す方法は?原因を明確にしてストレッチを行おう!痛みを強く感じる場合はぎっくり腰の可能性も!

成分を確認する

最初に、腰痛に効く市販痛み止めの成分を正確に確認しましょう。

腰痛にはさまざまな原因があり、そのために適した痛み止めも異なります。

市販されている腰痛用の痛み止めには、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が一般的に使用されています。

これらは、イブプロフェンやナプロキセンといった成分が含まれており、炎症を抑えつつ痛みを軽減します。

また、筋肉の緊張を和らげるために筋弛緩剤を含む製品もあります。服用前には、成分表を確認し、自分の症状や体質に合ったものを選ぶことが大切です。

副作用のリスクを避けるためにも、成分についての情報をしっかりと理解することが重要です。

用途に合った薬を選ぶ

腰痛の症状に合わせた市販痛み止めを選ぶことが重要です。

腰痛は一概に同じとは限らず、その痛みの種類や程度によって最適な痛み止めは異なります。

例えば、ぎっくり腰のような急性の痛みには迅速に効果を発揮する鎮痛成分が好ましいですし、慢性的な痛みには持続性のある製品が適しています。

また、薬を飲むことに抵抗がある方には、塗るタイプの鎮痛剤がおすすめです。

購入前には、製品の説明をよく読み、どのタイプの痛みに効くのかを確認しましょう。

必要であれば、医師や薬剤師に相談するのも一つの方法です。

効果的に腰痛を管理するためには、自分の痛みに合った痛み止めを選ぶことが肝心です。

併用禁忌薬のチェック

市販の痛み止めを選ぶ際は、他の薬との併用が可能かどうかを必ず確認しましょう。

腰痛で痛み止めを探す人の中には、他の医薬品を服用している方も多いです。

特に、血液をサラサラにする薬や、他の慢性疾患に用いる薬を服用している場合、痛み止めとの相互作用が副作用を引き起こす可能性があります。

市販の痛み止めには、成分が強力なものもあるため、現在服用中の薬との相互作用を避けるためにも、薬剤師に相談することをお勧めします。

腰痛を和らげるための痛み止めを選ぶ際は、健康状態や他の薬との相性も考慮に入れ、安全な選択を心がけましょう。

パッチタイプか内服薬かを選ぶ

腰痛用の痛み止めは、パッチタイプと内服薬タイプのどちらかを選べます。

薬を飲むのが苦手な人や、胃腸に負担をかけたくない人には、肌に直接貼るパッチタイプがおすすめです。

このタイプの鎮痛剤は、薬剤が徐々に皮膚から吸収されるため、胃腸への影響が少なく、腰痛の局所的な痛みに直接作用します。

一方で、内服薬は体内で迅速に吸収され、広範囲の痛みに効果を発揮しますが、胃腸への副作用や他の薬との相互作用に注意が必要です。

どちらのタイプを選ぶかは、腰痛の症状の程度、生活スタイル、好みなどを考慮して決めることが大切です。

副作用を理解する

市販の痛み止めを使用する際には、副作用の可能性についても理解しておくことが重要です。

特に強い薬剤を含む痛み止めは、効果が高い反面、副作用のリスクも高くなります。

内服薬の場合、胃腸の不快感や、まれに重い副作用が起こることがあります。

パッチタイプの場合は、皮膚に赤みやかゆみが生じることがあります。

これらの副作用を避けるためには、使用前に必ず薬の説明書を読み、推奨される使用量や使用方法を守ることが重要です。

また、腰痛の症状が改善されない場合や、副作用が現れた場合には、直ちに使用を中止し、医師や薬剤師に相談することが必要です。

腰痛時の楽な寝方とは?やってはいけない寝姿勢や痛みを改善する就寝前のストレッチ方法を紹介

腰痛に効く市販の痛み止めの成分を確認しよう

腰痛 痛み止め 市販

腰痛に効く市販の痛み止めの成分を確認しないといけない理由は、適切な薬を選ぶためです。

痛み止めにはさまざまな成分が含まれており、それぞれの効果や副作用が異なります。

例えば、イブプロフェンやアセトアミノフェンは炎症を抑える効果がありますが、胃腸に負担をかけることがあります。

これに対して、鎮痛効果が高いアスピリンは、長期間使用すると胃腸障害を引き起こすリスクがあります。

また、アレルギーや既存の健康状態によっては特定の成分が適さない場合もあります。

さらに、他の薬を併用している場合、相互作用によるリスクも考慮しなければなりません。

したがって、自分の体調や症状に最も適した成分を含む痛み止めを選ぶためには、成分を確認することが不可欠です。

医師や薬剤師と相談することも重要で、適切な選択をすることで効果的に腰痛を緩和し、副作用を最小限に抑えることができます。

  • 【腰痛に効く市販の痛み止めの成分】
    ◻️イブプロフェン
    ◻️ナプロキセン
    ◻️ロキソプロフェン
    ◻️アセトアミノフェン(パラセタモール)
    ◻️ジクロフェナク

ここでは、腰痛に効く市販の痛み止めの成分について詳しく解説しています。

イブプロフェン

市販の腰痛用痛み止めでよく用いられる成分の一つがイブプロフェンです。

イブプロフェンは非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の一種で、腰痛に伴う炎症と痛みを効果的に軽減します。

この成分は、体内で痛みと炎症の原因となるプロスタグランジンの生成を抑制することにより働きます。

市販されている多くの痛み止めに含まれており、その効果は広く認められています。

しかし、イブプロフェンを服用する際には胃腸への影響を考慮し、空腹時の服用は避け、食後に摂取することが推奨されます。

また、アスピリンアレルギーや胃潰瘍の既往歴がある人は、使用前に医師や薬剤師に相談することが重要です。

ナプロキセン

別の有効な鎮痛成分として、ナプロキセンが市販の痛み止めに用いられます。

ナプロキセンも非ステロイド性抗炎症薬の一つで、特に長時間作用するため、慢性的な腰痛に適しています。

この薬剤は、痛みと炎症を引き起こす酵素の活動を抑えることにより、腰痛の症状を緩和します。

ナプロキセンを含む痛み止めは、通常、一日に数回の服用が必要なイブプロフェンと比較して、少ない服用回数で済むことが多く、忙しい日常生活において管理がしやすいです。

ただし、ナプロキセンを使用する際には、腎臓機能への影響や他の薬との相互作用に注意が必要です。

特に高血圧や心疾患のある人は、使用前に医療提供者と相談することが勧められます。

ロキソプロフェン

ロキソプロフェンは、腰痛の症状緩和に特に効果的な非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)です。

この成分は、痛みと炎症を起こす体内の化学物質の働きを抑えることで、腰痛を含むさまざまな種類の痛みに対して迅速に効果を発揮します。

市販の痛み止めの中でも、ロキソプロフェンを含む製品は、特に激しい痛みの緩和に適しています。

ただし、胃腸障害や腎臓疾患の既往がある人は、副作用のリスクが高まるため、服用前に医師の助言を求めることが推奨されます。

効果的であると同時に注意も必要なロキソプロフェンは、腰痛治療において重要な選択肢の一つです。

アセトアミノフェン(パラセタモール)

アセトアミノフェン(パラセタモール)は、比較的安全に使用できる痛み止めで、腰痛にも効果があります。

この内服薬は、体内で痛みを感じるシグナルを抑制することにより作用しますが、抗炎症作用はほとんど持ちません。

そのため、炎症を伴わない軽度から中程度の腰痛に推奨されることが多いです。

アセトアミノフェンは胃に対する副作用が少ないため、他の鎮痛剤が使えない人にも適しています。

しかし、過剰摂取は肝臓に重大な影響を及ぼすため、使用する際には用量を厳守し、他の含有薬剤との併用にも注意が必要です。

ジクロフェナク

ジクロフェナクは、腰痛治療において強力な抗炎症と鎮痛作用を提供する成分です。

この非ステロイド性抗炎症薬は、炎症と痛みの原因となるプロスタグランジンの生成を抑えることにより、特に炎症を伴う腰痛に効果的です。

ジクロフェナクを含む市販薬は、ぎっくり腰のような急性の腰痛や慢性的な痛みにも広く用いられています。

しかし、心血管系のリスクを持つ人や消化器障害がある人は副作用の可能性があるため、使用前には医薬品の情報をよく読み、必要に応じて専門家に相談することが推奨されます。

腰痛に効く市販の痛み止めのよくある副作用

腰痛 痛み止め 市販

副作用で、腎機能障害や心血管系のリスクも増加する可能性があります。

その他、めまいや眠気、血圧の変動なども報告されています。

したがって、痛み止めを使用する際は、これらの副作用を理解し、適切な用量を守ることが重要です。

  • 【腰痛に効く市販の痛み止めのよくある副作用】
    ◻️頭痛やめまい
    ◻️胃腸への影響
    ◻️肝臓への影響
    ◻️腎臓への影響
    ◻️心血管系への影響
    ◻️アレルギー反応

ここでは、腰痛に効く市販の痛み止めのよくある副作用について、詳しく解説しています。

頭痛やめまい

市販の痛み止めを服用した際、頭痛やめまいを経験することがあります。

これらは特に非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)や特定の鎮痛剤の一般的な副作用です。

腰痛の症状を和らげるために服用する際には、これらの症状に注意が必要です。

服用を始めた際に頭痛やめまいが発生した場合、副作用の可能性があるため、使用を一時停止し医師や薬剤師に相談することが推奨されます。

また、これらの症状は薬剤のサイズや服用量によっても異なるため、説明書を正確に読み、推奨された量を守ることが重要です。

胃腸への影響

市販の痛み止めは、しばしば胃腸に副作用を引き起こすことがあります。

特に、NSAIDsの服用は胃の粘膜を刺激し、胃痛、胃腸障害、場合によっては潰瘍を引き起こす可能性があります。

腰痛治療のためにこれらの薬を使用する際には、食後に内服薬を摂取するか、または胃腸の保護を助ける薬と一緒に服用することを考慮してください。

胃腸への影響を最小限に抑えるためにも、服用前に医薬品の情報をよく確認し、必要な場合は専門家のアドバイスを求めることが望ましいです。

腰痛と吐き気がある女性は何科?整形外科やクリニックで受診しよう

肝臓への影響

市販の痛み止めの中には、肝臓に負担をかける成分を含むものもあります。

特にアセトアミノフェン(パラセタモール)を含む痛み止めは、過剰摂取すると肝臓障害を引き起こすリスクが高まります。

腰痛で痛み止めを使用する場合、肝臓に既存の問題がある人は特に注意が必要です。

薬を服用する前には、それが肝臓に与える可能性のある影響を理解し、肝機能を定期的にチェックすることが推奨されます。

服用量を守り、推奨以上の服用を避けることで、副作用のリスクを低減できます。

腎臓への影響

市販の痛み止めが腎臓に与える影響を理解することは重要です。

長期間にわたって非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を使用すると、腎臓の機能障害や腎不全を引き起こすリスクが高まることがあります。

これは、これらの薬剤が腎臓の血流を制限し、正常な機能を妨げる可能性があるためです。

特に、既存の腎疾患がある人や高齢者はこの種の副作用に対してより敏感です。

市販の痛み止めを使用する前に、腎臓への影響を考慮し、医師と相談して最適な鎮痛方法を選ぶべきです。

腎臓に負担をかけずに腰痛を管理するための選択肢を正確に理解することが不可欠です。

心血管系への影響

特定の市販痛み止めは、心血管系に副作用を引き起こす可能性があります。

NSAIDsの中には、心臓発作や脳卒中のリスクを増加させるものがあり、これは主に薬剤が引き起こす血圧の上昇や体内の水分保持に関連しています。

特に心血管疾患の既往歴がある人は、これらの市販薬の使用に注意が必要です。

痛み止めを選ぶ際には、心血管に優しい選択肢を探すことが推奨されます。

医師と相談し、既存の健康状態に基づいて安全な痛み止めを選択することが最善です。

適切な情報と注意をもって選択することで、心血管系の健康を守りつつ腰痛を管理することが可能です。

アレルギー反応

市販の痛み止めを服用する際、アレルギー反応を警戒する必要があります。

これには発疹、かゆみ、呼吸困難などの症状が含まれることがあります。

特に新しい薬を初めて服用する場合や、既に薬剤アレルギーの既往がある人は、副作用の兆候に敏感であるべきです。

市販の痛み止めに含まれる成分に対してアレルギー反応が生じることがあるため、製品の成分を確認し、必要に応じて医師の指導を受けることが重要です。

アレルギー反応は重篤な場合もあるため、症状が現れたら直ちに使用を中止し、医療の助けを求めることが推奨されます。

40代女性に多い腰痛の原因とは?対策方法や悪化を防ぐストレッチや整体院を紹介

腰痛に効く市販の痛み止めの注意点

腰痛 痛み止め 市販

腰痛に効く市販の痛み止めの注意点は、用法・用量を守り、指示された範囲内で使用することが重要です。

次に、長期間の連続使用は避け、症状が改善しない場合は医師に相談する必要があります。

また、他の薬との相互作用に注意し、特に処方薬を服用している場合は薬剤師に確認することが推奨されます。

さらに、既往症やアレルギーがある場合、使用前に成分を確認し、安全性を確認することが必要です。

副作用が現れた場合は直ちに使用を中止し、医療機関を受診することをお勧めします。

  • 【腰痛に効く市販の痛み止めの注意点】
    ◻️用量と用法を守る
    ◻️副作用に注意
    ◻️使用期間に注意する
    ◻️既存の疾患や他の薬との併用
    ◻️適切な薬を選ぶ

ここでは、腰痛に効く市販の痛み止めの注意点を、詳しく解説しています。

【立ったままできる腰痛予防ストレッチ3選】辛い痛みを解消する方法を解説

用量と用法を守る

市販の痛み止めを使用する際は、必ず用量と用法を守ってください。

腰痛に効く市販薬には、内服薬と塗り薬が含まれますが、それぞれの製品には推奨される服用方法と用量が定められています。

過剰に服用すると副作用のリスクが高まるため、製品パッケージに記載されている指示を正確に守ることが重要です。

特に、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)の内服薬は、推奨される以上の量を摂取することで胃腸に悪影響を及ぼす可能性があります。

また、使用する際には医薬品の情報を十分に理解し、不明点があれば医師や薬剤師に相談することが望ましいです。

副作用に注意

市販の痛み止めを使用する際には、副作用に注意が必要です。

腰痛治療に使われる一般的な痛み止めには、胃腸障害、頭痛、めまい、肝臓や腎臓への影響などの副作用が報告されています。

これらの副作用は、服用する薬剤の種類や個人の体質によって異なります。

副作用のサインを感じた場合は、速やかに薬の使用を中止し、医師の診察を受けることが重要です。

また、既存の健康状態や他の薬との併用が副作用を引き起こす可能性があるため、薬を購入する際にはこれらの点を考慮に入れ、適切な医薬品を選ぶ必要があります。

使用期間に注意する

市販の痛み止めは、短期間の使用が推奨されます。

腰痛に対して市販の痛み止めを服用する際は、長期間にわたる使用が潜在的な健康リスクを引き起こす可能性があることを理解することが重要です。

特に非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、長期間使用すると胃腸障害や心臓病のリスクが高まることがあります。

医薬品の情報には通常、推奨される使用期間が記載されており、それを超えての服用は避けるべきです。

腰痛が続く場合は、専門の医師に相談することが最善の方法です。

これにより、腰痛の原因を正確に特定し、より適切な治療方法を探すことが可能となります。

既存の疾患や他の薬との併用

市販の痛み止めを使用する前に、既存の疾患や他の薬との併用について考慮する必要があります。

特に、心臓病や糖尿病、高血圧などの慢性疾患を持つ人は、市販の痛み止めがこれらの条件に与える影響を理解し、使用前に医師に相談することが重要です。

さらに、他の処方薬やサプリメントとの相互作用が副作用を引き起こす可能性があるため、全ての現在使用中の薬について医師や薬剤師に通知することが望ましいです。

安全に腰痛の痛みを管理するために、これらの潜在的なリスクを避け、適切な指導を求めることが不可欠です。

適切な薬を選ぶ

市販の痛み止めを選ぶ際には、腰痛の種類と強度を考慮することが重要です。

軽度の腰痛から重度の痛みに至るまで、症状に最も適した薬を選ぶことが効果的な治療への鍵となります。

例えば、非ステロイド性抗炎症薬は炎症を伴う腰痛に有効ですが、筋肉の痛みには筋弛緩剤の方が適していることがあります。

市販薬を選ぶ際は、成分情報を慎重に読み、薬の効果、副作用、服用方法を理解することが必要です。

また、痛みの原因や特性について医師や薬剤師と相談し、最も適切な選択をすることが望ましいです。

腰痛に効くブロック注射の種類や効果や費用!痛みによる治療なら整形外科やペインクリニック

腰痛の痛み止め薬の服用を避けるべき人

腰痛 痛み止め 市販

腰痛の痛み止め薬の服用を避けるべき人で、胃腸障害や潰瘍のある人は避けるべきです。

また、重度の肝臓や腎臓の疾患を持つ人、心血管系の問題を抱える人も注意が必要です。

アレルギー反応を示したことがある人、特にアスピリン喘息の既往がある人は服用を避けるべきです。

さらに、妊娠中や授乳中の女性も使用を避けることが推奨されます。

その他、他の薬と併用している場合、その相互作用に注意が必要ですので、医師や薬剤師に相談することが重要です。

  • 【腰痛の痛み止め薬の服用を避けるべき人】
    ◻️胃腸疾患を持つ人
    ◻️肝機能障害のある人
    ◻️腎機能障害のある人
    ◻️妊娠中の女性
    ◻️心臓病を持つ人
    ◻️アスピリンアレルギーのある人

ここでは、腰痛の痛み止め薬の服用を避けるべき人について、詳しく解説しています。

腰痛と指や手足のしびれの原因や症状からわかる可能性のある病名!改善・予防方法を紹介

胃腸疾患を持つ人

胃腸疾患を持つ人は、市販の痛み止め薬の服用を避けるべきです。

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)など多くの市販痛み止めは、胃腸に潰瘍や出血を引き起こすリスクを高めることが知られています。

特に、胃潰瘍や胃炎などの既往症がある場合、これらの薬剤は症状を悪化させる可能性があります。

腰痛治療のためには、これらのリスクを考慮し、可能であれば代替の治療方法や薬剤を医師と相談して選ぶことが重要です。

また、痛み止めを必要とする場合は、胃腸に優しい薬剤を選び、医師の指示に従って服用することが勧められます。

肝機能障害のある人

肝機能障害を持つ人は、市販の痛み止めの服用に特に注意が必要です。

特にアセトアミノフェンを含む痛み止めは、過剰に服用すると肝臓に重大な損傷を与えることがあります。

肝機能がすでに低下している人では、通常の用量でさえ肝臓に負担をかける可能性があります。

このため、肝機能障害がある場合は、薬の選択と服用量に極めて慎重である必要があり、安全な痛み止めの選択には医師の指導が不可欠です。

肝臓に影響を与えるリスクを避けるためにも、他の痛み管理法を検討することをお勧めします。

腎機能障害のある人

腎機能障害を持つ人は市販の痛み止め薬の服用を避けるべきです。

腎臓は体内の薬剤を処理し、排出する主要な器官の一つであるため、腎機能が低下していると痛み止め薬が原因でさらに損傷を受ける可能性があります。

特にNSAIDsは腎臓に負担をかけ、腎臓病の進行を早めることが知られています。

腎機能障害がある場合、痛み止めの選択には医師と十分に相談し、腎臓に優しい代替療法を探すことが望ましいです。

また、医薬品の情報を正確に理解し、適切な服用計画を立てることが重要です。

妊娠中の女性

妊娠中の女性は、市販の痛み止めの服用を避けるべきです。

多くの市販の痛み止め薬、特に非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。

これらの薬剤は、特に妊娠後期において胎児の循環系に影響を与えることが知られています。

妊娠中の腰痛管理には、医師が承認する安全な方法や、非薬物療法を探求することが推奨されます。

薬を服用する前に必ず産科医と相談し、安全で効果的な痛みの管理計画を立てることが重要です。

心臓病を持つ人

心臓病を持つ人は、市販の痛み止め薬の服用に特に注意が必要です。

NSAIDsを含む多くの痛み止めは、高血圧を悪化させることがあり、心臓発作や脳卒中のリスクを高める可能性があります

このような健康状態を持つ人々は、医師と密接に連携して、その健康状態に適した痛み止めオプションを検討することが勧められます。

また、薬の副作用や相互作用を避けるため、使用する前に必ず医師の指導を受けるべきです。

アスピリンアレルギーのある人

アスピリンアレルギーのある人は、一部の市販痛み止め薬の服用を避けるべきです。

NSAIDsにはアスピリンと化学的に類似している成分が含まれていることが多く、これらの薬を服用すると重度のアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

アレルギー反応の症状には、呼吸困難、発疹、顔の腫れなどがあります。

アスピリンに対して過敏反応を持つ人は、代替の痛み止め剤を使用することを検討し、可能な限り医師のアドバイスに従うことが重要です。

セルフケア整体について

腰痛 痛み止め 市販

腰痛持ちならセルフケア整体院にお任せください!

当院では、痛みのある部位を表面的にほぐすマッサージから、体の歪みを整えて痛みを根本から解消する整体まで、多様な治療法を提供しています。

短期間での痛みの緩和を求める方にはマッサージが、持続的な痛みの解消を望む方には整体が適しています。

また、痛みが改善された後も、姿勢の悪さや日常の動作クセが原因で痛みが再発しないよう、再発予防としてのセルフケアトレーニングを重視しています。

正しいセルフケアを身につけることで、痛みのない快適な生活を送ることが可能です。

整体で得られる6つの効果とは?整体で効果が出ない理由や整体院の選び方も紹介

新宿本店のアクセス方法や日程時間

住所:〒169-0073 東京都新宿区百人町1-5-4 東都ビル502

最寄駅:新宿駅3番出口から徒歩7分、西武新宿駅北口徒歩2分、新大久保駅徒歩6分

電話番号:03-6825-0540

営業日
9:00-20:30

休業日:不定休(要問い合わせ)

<LINE・web予約はこちらから>

セルフケア整体:新宿本店

まとめ

nobu先生が院長のセルフケア整体の場所は?|YouTubeで大人気の整体師が整体院を誕生させたワケ

腰痛に悩む多くの人々が効果的な解決策を求めて市販の痛み止めを選ぶ際、正しい情報と安全な使用方法の理解が不可欠です。市販の痛み止めは手軽に入手可能でありながら、その選択には慎重な考慮が必要です。特に、めちゃくちゃ強い薬を求める場合やぎっくり腰などの急性の腰痛に対処しようとする際、どの薬が最も効果的で安全かを知ることは重要です。また、服用にあたっては、副作用や既存の健康問題に配慮する必要があります。例えば、胃腸疾患や肝機能障害、腎機能障害を持つ人は、一部の痛み止めが悪化させるリスクが高いため特に注意が必要です。

さらに、妊娠中の女性や心臓病を持つ人、アスピリンアレルギーのある人は、市販の痛み止めが健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、医師との相談が推奨されます。正確な薬剤情報の確認と医師や薬剤師への相談を通じて、個々の症状や健康状態に適した痛み止めを選ぶことが、腰痛管理において最も効果的なアプローチと言えるでしょう。

この記事では、腰痛に効く市販の痛み止めを選ぶ際の基本的な指針と、それぞれの成分がどのように腰痛に作用するか、またどんな副作用が考えられるかを詳細に解説しました。市販の痛み止めを利用する前に、これらの情報を参考にしながら、安全で効果的な薬選びを行ってください。

最新の記事はこちら

よくある質問

  • Q

    セルフケア整体と他の整体の違いについて教えてください

    A

    一言で言えば、TV、YouTubeや海外TED等で高く評価頂いている手法で、どこの整体よりもトータルで時間とお金を無駄にしないために、通わせない施術を行います。さらに、お客様の身体の状態に適したオーダーメイドのセルフケアをお客様ご自身に身につけてもらうプランも用意しており、二度と整体いらずの身体を手に入れてもらうことが出来る唯一の整体です。

    すでに院長のnobu先生の動画を通じて、沢山の人からご好評頂けておりますが、動画だけでは伝えられない、その人の身体の筋肉量にあった適切な負荷量、セルフケアの順番などをお一人、お一人に合わせてお伝えするために当院を開院いたしました。

    当院では、ご自身で行うセルフケアを行わない施術だけのプランと、セルフケアをマスターしていただくオーダーメイドセルフケアマスタープランの2種類の施術をご用意しております。

    短期間で原因がわかり効果が出るので、どこに行っても治らないと悩みが深い人ほど生活の質が改善して行くのが実感できるので、喜んでもらえます。基本、痛み治すだけなら程度にもよりますが、割とすぐなので、治ったら来ないでいいです。加えて、ズボラ筋が実際に働くようになるにつれて、痛みが取れて行くだけでなく、同時に痩身効果、美容効果、運動効率改善など様々なメリットが受けれる整体になります。

    2,3回続けていくうちに、痛みが緩和するだけでなく、ぽっこりお腹がへこんだ、夜間頻尿が治った、睡眠が深く取れるようになった、むくみがかなり改善してほっそりしたというような効果が出てきます。これは原因となる筋肉をきちんと運動療法にて鍛えて行くことにより、ただ痛みが取れるだけではなく、身体の筋肉バランスが適切に働くようになることの効果です。

    セルフケア整体では、短い時間で、痛みを取るのは前提であって、痛みが二度と戻らない、時間とお金を無駄にしない施術を心がけております。痛みがすぐ取れるのでそいしたら来る必要はありません。何度も通わなくていいです。また、セルフケアマスタープランの方は、一生整体に行かなくて良くなることがゴールで施術を通してオーダーメイドのセルフケアプランを提供します。ご自身であとで振り返れるように、実際にその場で教えた内容を教材として動画など撮影をして、ご提供していきます。

    「一生」がポイントです。殆どの整体では、痛みをとることに主眼を置いて、自分の身体を真に健康維持できる手法をその人の状態に合わせて教えてくれません。何故ならば、それをしてしまうと2度とお客様がきてくれなくなってしまうからです。

    実は、ほとんどの鍼灸、筋膜リリース、マッサージ、ストレッチは痛んでいる筋肉やその周辺を緩ませるアプローチをします。痛みを取るのが目的であり、また、痛んだ場合には通ってもらうことを目的とするからです。

    常に痛みが出たら戻ってきて欲しい。そのため、自分で健康を維持する方法を伝えることは絶対にしません。わかっている人はいたとしても、教えるメリットが何もないのでしないのです。何年も、回数券販売を通じて通わせ続けることで、人生の中で、関節痛だけに総額何十万円投資してしまってる人は多いです。そして、結局はまた身体のバランスが悪くなったら、痛みが戻るということを繰り返しており、nobu先生もこれに深く悩んでおりましたので、時間とお金の無駄をなくして欲しいと思って、当院を開院した経緯もございます。

    我々は不調を治すセルフケアマスタープランは、6回1セットで教えており、初回は返金保証もつけて、どこの整体よりもトータルで安い金額と短い期間で改善させることをしております。短い期間で集中的に一生物のスキルを早いうちに身につけた方が圧倒的に費用対効果が高くなります。(詳しくは料金・メニューをご覧ください。)

    また、セルフケアをご自身でやるのは、面倒くさい、同じことを先生にやってもらいたいという方は、単価を通常の整体と同じ程度の値段でご提供しております。この場合でも、他の整体よりは早く改善されて痛みのある生活からは解放されます。(詳しくは料金・メニューをご覧ください。)

    私たちはこの王道とも言える方法を広めることで、日本発の世界で信用される整体を広めていきたいと強く願っており、日本でも健康寿命を5年は延長させたいと本気で考えております。

  • Q

    長い間ずっと体の痛みについて悩んでいます。どこに行っても結果的にまた痛くなってしまうのですが、治せますか?

    A

    セルフケア整体の整体手法は、10年悩んでいる人がご自身の痛みの原因を知れて1回で驚く効果を得ることが出来るため、長年関節の痛みにトラブルを抱えている方にとって大変お勧めです。

    身体が痛くて動きづらいから治したいと、これまであれこれと悩み、苦しまれてきた方には、「あっ!」と驚く変化をお約束します。院長のnobu先生自身が身体の痛みに10年以上悩まれてきて、やっと見つけた手法であり、本当に多くの人に知って欲しいと日々活動しております。実際に、多くの方が、初回の施術で身体の変化を実感され、前向きにケアを続けていらっしゃいます。手術が必要とお医者様に言われた方が、実際には全然必要なくなった、そんな事例が沢山あります。丁寧なカウンセリングと現地でのお体の検査と、実際の施術を通じて、オリジナルのセルフケアトレーニング方法を導き出し、一緒に身体の再生を図り、元の元気で快活な身体へと導きます。

  • Q

    過去、整体に何度も通ってもまた身体の不調箇所が元に戻ってしまいました。整体師さんに身体を任せるのが不安なのですが。

    A

    身体の痛みを楽にしたいからと、一時的に筋肉をほぐして痛みを無くしたように見せる施術にはご注意ください。

    施術後は一旦身体が軽くなったように感じますが、そもそも原因が何かを特定しているわけではなく、対処療法的に痛みをとっているだけです。本当の意味で治してしまうと商売にならないから出来るだけ長い時間通わせようとして回数券売るところばかりなのが整体業界の実態です。

    初回料金が安くて、高額な回数券(30万円等)を販売するようなところもあるのでご注意ください。当院の方が圧倒的にコスパが良いです。通院期間も聞いてみて下さい。しっかり答えられないところや、半年や1年必要というところは治す気がそもそもない可能性が高いです。当院ではどれだけ長くてもきちんと通って貰えれば手術が必要なレベルで時間がかかるでも3ヶ月です。

    これまであれこれと施術をしてもすぐ元に戻っていた方が、セルフケア整体で、しっかりとご自身に合ったセルフケアを覚えてからは、その変化がづっと続くことを実感して頂いております。結局ちゃんと自分の身体のことを把握出来て、ご自身でケアできるようになるのが、時間とコストの両面にとって、長期的な目線で誰にとっても良い手法になると我々は信じております。

    また、無駄な施術は一切しませんので、セルフケアをご自身でやるのがめんどくさい人は、普通に施術を通してズボラ筋を働かせていくので、通常の整体よりも早く治ります。

    丁寧なカウンセリングで身体の状態を確認し、身体に負担を掛けないようにオーダーメイドでセルフケアの方法をお伝えします。トラブルが改善され始めると、一気に本来のとっても元気で快活な若々しい身体に戻りますよ。

  • Q

    丁寧な施術とのことですが、時間はどのくらいかかりますか?

    A

    カウンセリングからお体の検査と施術、アフターカウンセリングまで、1.5時間ほどお時間をいただいています。

    初回のカウンセリングで身体の状態を細かく確認し、同時にカルテを作成します。また、毎回きちんとお体の筋肉の状態を把握するために検査をさせて頂いております。その後施術を受けられると、皆さん一度で痛みが取れて驚かれます。そして自分の身体のどこが悪かったのかを正確に知ることが大切ですので、しっかり身体の状態についてお伝えします。そして、お一人お一人に合ったセルフケアもお伝えします。2回目以降は、前回の施術からの身体の変化と、セルフケアを実施して頂いた変化の両方を確認してから施術へと移ります。

  • Q

    どのくらいの期間、施術をするとホームページの写真のように快活な身体になりますか?

    A

    痛みを取るだけなら1,2回、あなたの身体の変化を見ながら、適切なセルフケア方法を伝えるには3回、ないし、6回かかります。

    上半身か下半身のいずれかにお悩みのある方で3回、両方お悩みのある方で6回ほどセルフケアを覚えて頂くのにお時間を頂戴しております。オーダメイドセルフケアマスタープランでは、1箇所3分で出来るセルフケアを覚えて実践することで二度と痛まない身体を手に入れ、整体にいく必要もなくなります。

    また、ズボラ筋は全身で繋がっており連動しておりますので、満遍なく鍛えることで、痩身効果、美容効果、運動効率改善をご実感して頂けております。

    多くの方が、初回の施術で身体の変化を実感されます。初回来院時に、ご満足いただけない場合は返金保証も付けております。ほとんどの方はご満足いただいて、その後、前向きにケアを続けていらっしゃいます。痛みを取るだけなら初回の施術でその効果を実感いただけます。

    セルフケア整体ではプロの視点から、痛みを取るのは前提で、あなたの身体の改善状況、次にどのようなケアをすれば身体に効果的か、逐一アドバイスをします。

    私たちがそばに寄り添って二人三脚でサポートしますので、みなさんほっとご安心され、間違った身体のケアによるトラブルが見られなくなります。

    また、そこから先継続されて一日5分でも実践されてる方は、2〜3ヶ月で、人間本来の身体の働きが取り戻せますので、姿勢が綺麗になり、無駄な脂肪が落ち、身体が疲れにくくなり、スポーツをされてる方はご自身の身体のパフォーマンスが上がることをご実感いただけます。

    ぎっくり腰や深刻な腰痛、坐骨神経痛や肩こりなど様々な関節痛に悩まされていた人は、予防効果が出て二度と整体に行かなくて良くなることが実際にご実感いただけております。

    新陳代謝も上がり、リンパが流れ、浮腫も取れますし、内臓脂肪なども取れていきます。更に、血圧が安定することで、健康になり夜間頻尿や生理痛などの様々な症状が緩和されていきます。

    全身のセルフケアを習慣化して頂くことで、短期的な痛みをとるだけではなく様々な予防、美容、痩身、運動効率改善の効果が見込めます。

  • Q

    初めての予約でもLINEからしていいでしょうか?

    A

    はい、ぜひLINEからご予約くださいませ。マンツーマンで施術をしておりますため、お電話に出られないときもございます。LINEよりご連絡いただけましたら、担当スタッフより速やかにご案内を返信させていただきます。

  • Q

    どんな身体の痛みでもセルフケアで治すことができますか?

    A

    殆どの間接の痛みをとり、運動パフォーマンスを上げることが可能ですが、以下の場合は効果が減少ないし別の治療が必要になります。

    ・リウマチによる痛みがある場合(こちらは専門の治療がいずれにせよ必要になります)

    ・急性時の痛み(足首のねんざ、靱帯損傷など)でひどく腫れている場合は、腫れが治る期間が必要です。)

    ・肩関節の拘縮 (これは筋肉が正常ではなく線維状になっているため、半年など時間や回数を多く施術しなければ改善しません。)

    ・しびれが常時ある (これは神経が傷ついているため、状態によっては病院で検査が必要になります。常時しびれがある場合(寝ているときも)しびれは改善しません。施術により痛みは改善していきますが、筋力がかなり落ちている状態であるため治すには1~2か月必要となります。)

    ・骨の変形が著しく進んでいる場合

他にもわからないことやご不安なことなどありしたら、
最寄りの店舗のLINE、お電話にてお気軽にご連絡くださいませ。
スタッフが丁寧に対応させていただきます。

近くの店舗を探す
24時間スマホで簡単に予約可能 さっそく予約する