最終更新:2024.06.06

腰痛と胃痛の意外な関係性とは?痛みの原因には内臓の病気やがんの症状が隠されている可能性があることを知っておこう

腰痛と胃痛は、一見すると関係がないように思えますが、実は密接な関係があることをご存知でしょうか?

腰痛と胃痛が同時に起こる場合、内臓の病気や重大な疾患が隠れている可能性があります。

腰痛と胃痛が同時に起こる場合は、内臓の病気や重大な疾患の可能性を考え、早めに医療機関を受診することが大切です。

特に、持続的な腰痛と胃痛がある場合や、吐き気や嘔吐を伴う場合は、胃がんや膵臓がんなどの重大な病気のサインである可能性があります。

早期発見・早期治療が重要なので、症状が気になる場合は、迷わず医師の診断を受けましょう。

また、ストレスや不規則な生活習慣も、腰痛と胃痛の原因となることがあります。

ストレスを上手に管理し、規則正しい生活を心がけることで、症状の改善につなげることができます。

一方で、腰痛と胃痛の原因が内臓の病気でないケースもあります。

安易に重大な病気を疑うことで、不必要な不安を抱えてしまう可能性もあるので注意が必要です。

自分の身体の変化に気づき、早めの対応を心がけましょう。

この記事では、腰痛と胃痛の関係性、腰痛と胃痛の症状がある内臓の病気について、腰痛と胃痛の症状はがんの可能性も考えられることについて、何科に受診すべきか、改善する方法を紹介しています。

腰痛と吐き気がある女性は何科?整形外科やクリニックで受診しよう

腰痛と胃痛の意外な関係性とは?

腰痛 胃痛

【腰痛と胃痛の意外な関係性】
◻️胃の問題が反射して腰に痛みとして表れることがある
◻️特定のライフスタイルの問題や病状に起因することがある
◻️薬剤の副作用で胃の粘膜を刺激し胃痛を引き起こすことがある
◻️腹部に位置する内臓器官の異常が背中や腰部に痛みとして現れる

ここでは、腰痛と胃痛の意外な関係性について、詳しく解説しています。

腰痛と腹痛が同時に起こる原因とは?痛みに潜むがんの症状の可能性について

胃の問題が反射して腰に痛みとして表れることがある

胃の問題が腰痛を引き起こすことがあります。

胃は、腹部の上部に位置する消化器官で、食べ物を消化する重要な役割を果たしています。

胃に炎症や潰瘍などの問題が生じると、胃痛だけでなく、背中や腰に痛みが反射することがあります。

これは、胃と背中や腰の神経系が密接に関連しているためです。胃の不調により、これらの神経が刺激され、腰痛として感じられるのです。

胃の問題が疑われる場合は、内科や消化器科を受診し、適切な検査と治療を受けることが大切です。

【腰痛と右下腹部が痛い女性特有の病気や原因】対策方法や受診すべき診療科を紹介

特定のライフスタイルの問題や病状に起因することがある

腰痛と胃痛は、特定のライフスタイルの問題や病状に起因することがあります。

不規則な食生活やストレス、運動不足などは、胃の不調を引き起こし、胃痛を生じさせます。

また、これらの要因は、腰痛の原因にもなります。長時間の座位や不適切な姿勢は、腰部への負担を増大させ、腰痛を引き起こすのです。

さらに、肥満や便秘などの病状も、腰痛と胃痛の原因となることがあります。

ライフスタイルを見直し、バランスの取れた食事や適度な運動を心がけることが、腰痛と胃痛の予防につながります。

生理前に起こる腰痛の原因とは?月経前症候群症状チェックや避けた方がいい行動・対策方法を紹介

薬剤の副作用で胃の粘膜を刺激し胃痛を引き起こすことがある

腰痛の治療に用いられる薬剤の中には、胃の粘膜を刺激し、胃痛を引き起こすものがあります。

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、腰痛の治療にしばしば用いられますが、胃の粘膜を傷つける可能性があります。

NSAIDsは、胃酸の分泌を促進し、胃の保護機能を低下させるため、胃痛や胃潰瘍などの副作用を引き起こすことがあるのです。

腰痛の治療中に胃痛が生じた場合は、医師に相談し、薬剤の変更や胃粘膜保護薬の併用を検討することが大切です。

また、薬剤の服用時には、食後に服用するなど、胃への負担を軽減する工夫が必要です。

ロキソニンが効かない腰痛について解説します!

腹部に位置する内臓器官の異常が背中や腰部に痛みとして現れる

腹部に位置する内臓器官の異常が、背中や腰部の痛みとして現れることがあります。

膵臓や胆嚢、腎臓などの内臓器官に問題が生じると、背中や腰部に痛みを感じることがあるのです。

例えば、膵臓に炎症が起こる急性膵炎では、上腹部の痛みとともに、背中に痛みが放散することがあります。

また、胆嚢結石では、右上腹部の痛みとともに、右肩甲骨の下に痛みを感じることがあります。

これらの内臓の問題は、早期発見・早期治療が重要です。

腰痛と胃痛が続く場合は、内臓疾患の可能性も考え、医療機関を受診することが大切です。

腰痛と胃痛の症状がある内臓の病気について

腰痛 胃痛

  • 【腰痛と胃痛の症状がある内臓の病気について】
    ◻️腎盂腎炎
    ◻️膵炎
    ◻️胃潰瘍または十二指腸潰瘍
    ◻️虚血性腸症
    ◻️腎結石
    ◻️腎臓がん

ここでは、腰痛と胃痛の症状がある内臓の病気について、詳しく解説しています。

腎盂腎炎

腎盂腎炎は、腰痛と胃痛を引き起こす代表的な内臓の病気の一つです。

腎盂腎炎は、腎臓と尿管に細菌感染が起こる疾患で、発熱、腰痛、吐き気などの症状を伴います。

特に、片側の腰の痛みが特徴的で、背中から腹部にかけて痛みが広がることがあります。

また、胃痛や嘔吐を伴うこともあるため、胃腸の病気と間違えられることがあります。

腎盂腎炎は、尿路感染症が腎臓まで上行することで発症します。女性に多い疾患ですが、男性でも発症することがあります。

治療には、抗菌薬の投与が必要です。重症例では、入院治療が必要になることもあります。
腰痛と胃痛が続く場合は、腎盂腎炎の可能性も考え、早めに医療機関を受診することが大切です。

早期発見と適切な治療により、重篤な合併症を予防することができます。

膵炎

膵炎は、腰痛と胃痛を引き起こす重大な内臓の病気の一つです。

膵炎は、膵臓に炎症が起こる疾患で、急性膵炎と慢性膵炎に分類されます。

急性膵炎は、突然の上腹部痛で発症し、背中や腰に痛みが放散することがあります。

痛みは、食事や飲酒によって悪化することがあります。また、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。

慢性膵炎は、長期間にわたって膵臓に炎症が起こる状態で、上腹部の痛みとともに、背中や腰に痛みを感じることがあります。

また、体重減少や脂肪便など、消化吸収障害による症状も見られます。

膵炎の治療には、安静と痛みのコントロールが中心となります。

重症例では、集中治療室での管理が必要になることもあります。

また、慢性膵炎では、膵酵素補充療法や脂肪制限食など、長期的な管理が必要です。

腰痛と胃痛が続く場合は、膵炎の可能性も考慮し、早めに医療機関を受診することが大切です。

適切な診断と治療により、重篤な合併症を予防し、症状の改善を図ることができます。

胃潰瘍または十二指腸潰瘍

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、腰痛と胃痛を引き起こす代表的な消化器疾患です。

潰瘍は、胃や十二指腸の粘膜に傷ができる病気で、胃酸や消化酵素による組織の損傷が原因となります。

主な症状は、みぞおちや心窩部の痛みで、空腹時や食後に悪化することが特徴的です。また、背中や腰に痛みが放散することもあります。

潰瘍の診断には、上部消化管内視鏡検査が有用です。

内視鏡検査では、潰瘍の有無や大きさ、位置などを直接観察することができます。

治療には、プロトンポンプ阻害薬や H2 受容体拮抗薬などの胃酸分泌抑制薬が用いられます。

また、潰瘍の原因となるヘリコバクター・ピロリ菌の除菌療法も重要です。

胃痛と腰痛が続く場合は、潰瘍の可能性を考慮し、早めに消化器内科を受診することをおすすめします。

適切な診断と治療により、症状の改善と潰瘍の治癒を図ることができます。

虚血性腸症

虚血性腸症は、腸の血流が低下することで起こる疾患で、腰痛と胃痛を引き起こすことがあります。

虚血性腸症は、主に高齢者に発症し、動脈硬化や血栓などが原因となります。

症状は、突然の腹痛で始まり、嘔吐や下痢を伴うことがあります。

また、腹部の圧痛や反跳痛が見られることもあります。

虚血性腸症の診断には、腹部 CT 検査や血管造影検査が有用です。

これらの検査により、腸の血流状態や虚血の範囲を評価することができます。

治療には、絶食や輸液などの保存的治療が中心となります。

重症例では、外科的治療が必要になることもあります。

虚血性腸症は、早期発見と適切な治療が重要です。

腹痛とともに、腰痛や背部痛がある場合は、虚血性腸症の可能性を考慮し、速やかに医療機関を受診することが大切です。

【腰痛左側だけ痛い原因とは?】片側の主な痛みは骨盤の歪みの可能性も!症状や対処法を解説

腎結石

腎結石は、腰痛と胃痛を引き起こす代表的な泌尿器科疾患です。

腎結石は、尿の成分が結晶化して形成される石で、腎臓や尿管に発生します。

結石が尿の流れを妨げると、激しい腰痛や背部痛が生じます。

また、吐き気や嘔吐などの消化器症状を伴うこともあります。

腎結石の診断には、腹部 CT 検査や超音波検査が有用です。

これらの検査により、結石の位置や大きさを特定することができます。

治療には、小さな結石では水分摂取や鎮痛薬の使用などの保存的治療が中心となります。

大きな結石や症状が強い場合は、体外衝撃波結石破砕術や内視鏡的結石除去術などの処置が必要になることがあります。

腎結石は、再発することが多い疾患です。

予防には、十分な水分摂取や尿のアルカリ化などが重要です。

また、結石の成分に応じて、食事療法や薬物療法を行うこともあります。

腰痛と胃痛が続く場合は、腎結石の可能性を考慮し、泌尿器科を受診することをおすすめします。

早期発見と適切な治療により、症状の改善と合併症の予防を図ることができます。

【突然の腰痛は尿管結石が原因かも】症状や診断方法などを紹介!激しい痛みは泌尿器科へ

腎臓がん

腎臓がんは、腰痛と胃痛を引き起こす重大な泌尿器科疾患です。

腎臓がんは、腎臓の細胞が異常増殖することで発生します。

初期段階では無症状のことが多いですが、進行すると腰痛や血尿、体重減少などの症状が現れます。また、転移が進むと、胃痛や嘔吐などの消化器症状を伴うこともあります。

腎臓がんの診断には、腹部 CT 検査や MRI 検査が有用です。

これらの検査により、腫瘍の位置や大きさ、転移の有無などを評価することができます。

治療には、手術療法が中心となります。

腎部分切除術や腎摘除術などの手術により、腫瘍を切除します。

進行がんでは、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬などの薬物療法も行われます。

腎臓がんは、早期発見が重要です。

腰痛や胃痛が続く場合は、腎臓がんの可能性も考慮し、泌尿器科を受診することが大切です。

また、定期的な健康診断で腎機能をチェックすることも重要です。

腰痛と胃痛の症状から考えられるがんの病名

腰痛 胃痛

  • 【腰痛と胃痛の症状から考えられるがんの病名】
    ◻️膵臓がん
    ◻️胃がん
    ◻️腎臓がん
    ◻️結腸がん
    ◻️子宮がんや卵巣がん

ここでは、腰痛と胃痛の症状から考えられるがんの病名を、詳しく解説しています。

腰の痛みを和らげる!病院での腰痛治療で処方される薬の情報や予防方法まで解説

膵臓がん

膵臓がんは、腰痛と胃痛を引き起こす重大な消化器がんの一つです。

膵臓は、上腹部の後方に位置する細長い器官で、消化酵素やインスリンなどのホルモンを分泌します。

膵臓がんは、初期症状に乏しく、進行するまで発見が難しいことが特徴です。

進行すると、上腹部の痛みや背部痛、体重減少などの症状が現れます。

膵臓がんの診断には、腹部 CT 検査や MRI 検査、超音波内視鏡検査などが用いられます。

これらの検査により、腫瘍の位置や大きさ、転移の有無などを評価することができます。

治療には、手術療法が中心となります。

膵頭十二指腸切除術や膵体尾部切除術などの手術により、腫瘍を切除します。

進行がんでは、化学療法や放射線療法を組み合わせた集学的治療が行われます。

膵臓がんは、予後不良のがんとして知られています。早期発見が困難なため、多くの患者さんが進行した状態で発見されます。

腰痛や胃痛が続く場合は、膵臓がんの可能性も考慮し、早めに消化器内科を受診することが大切です。

胃がん

胃がんは、腰痛と胃痛を引き起こす代表的な消化器がんです。

胃がんは、胃の粘膜から発生し、進行すると胃壁を貫いて周囲の臓器に浸潤します。

初期症状は、胃痛や胃もたれ、食欲不振などの非特異的な症状が多いです。

進行すると、腰痛や背部痛、体重減少などの症状が現れます。

胃がんの診断には、上部消化管内視鏡検査が有用です。

内視鏡検査では、胃の内部を直接観察し、がんの有無や範囲を評価することができます。

また、生検により、がんの組織型を確認することができます。

治療には、手術療法が中心となります。

胃全摘術や幽門側胃切除術などの手術により、がんを切除します。

進行がんでは、化学療法や分子標的薬による薬物療法も行われます。

胃がんは、早期発見が重要です。胃痛や腰痛が続く場合は、胃がんの可能性も考慮し、早めに消化器内科を受診することが大切です。

また、定期的な上部消化管内視鏡検査を受けることで、胃がんの早期発見につながります。

腎臓がん

腎臓がんは、腰痛と胃痛を引き起こす重大な泌尿器科がんです。

腎臓がんは、腎臓の細胞が異常増殖することで発生します。

初期段階では無症状のことが多いですが、進行すると腰痛や血尿、体重減少などの症状が現れます。

また、転移が進むと、胃痛や嘔吐などの消化器症状を伴うこともあります。

腎臓がんの診断には、腹部 CT 検査や MRI 検査が有用です。

これらの検査により、腫瘍の位置や大きさ、転移の有無などを評価することができます。

治療には、手術療法が中心となります。腎部分切除術や腎摘除術などの手術により、腫瘍を切除します。

進行がんでは、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬などの薬物療法も行われます。

腎臓がんは、早期発見が重要です。腰痛や胃痛が続く場合は、腎臓がんの可能性も考慮し、泌尿器科を受診することが大切です。

また、定期的な健康診断で腎機能をチェックすることも重要です。

結腸がん

結腸がんは、腰痛と胃痛を引き起こす代表的な消化器がんです。

結腸は、大腸の一部で、小腸から連続する管状の器官です。

結腸がんは、結腸の粘膜から発生し、進行すると結腸壁を貫いて周囲の臓器に浸潤します。

初期症状は、便秘や下痢、血便などの非特異的な症状が多いです。

進行すると、腰痛や下腹部痛、体重減少などの症状が現れます。

結腸がんの診断には、大腸内視鏡検査が有用です。

内視鏡検査では、結腸の内部を直接観察し、がんの有無や範囲を評価することができます。

また、生検により、がんの組織型を確認することができます。

治療には、手術療法が中心となります。

結腸切除術や人工肛門造設術などの手術により、がんを切除します。進行がんでは、化学療法や分子標的薬による薬物療法も行われます。

結腸がんは、早期発見が重要です。

腰痛や胃痛が続く場合は、結腸がんの可能性も考慮し、早めに消化器内科を受診することが大切です。

また、定期的な大腸内視鏡検査を受けることで、結腸がんの早期発見につながります。

子宮がんや卵巣がん

子宮がんや卵巣がんは、女性特有のがんで、腰痛や下腹部痛を引き起こすことがあります。

子宮がんは、子宮の筋層から発生する子宮体がんと、子宮の入り口である子宮頸部から発生する子宮頸がんに分類されます。

卵巣がんは、卵巣の表面や内部から発生するがんです。これらのがんは、初期症状に乏しく、進行するまで発見が難しいことが特徴です。

子宮がんや卵巣がんの症状は、不正出血や下腹部の膨満感、腰痛などがあります。

また、がんが進行すると、胃痛や嘔吐などの消化器症状を伴うこともあります。

これらのがんの診断には、内診や経腟超音波検査、腹部 CT 検査などが用いられます。

治療には、手術療法が中心となります。子宮全摘術や両側付属器切除術などの手術により、がんを切除します。

進行がんでは、化学療法や放射線療法を組み合わせた集学的治療が行われます。

子宮がんや卵巣がんは、早期発見が重要です。

不正出血や腰痛、胃痛などの症状が続く場合は、婦人科を受診し、適切な検査を受けることが大切です。

また、定期的な子宮がん検診や婦人科検診を受けることで、これらのがんの早期発見につながります。

40代女性に多い腰痛の原因とは?対策方法や悪化を防ぐストレッチや整体院を紹介

腰痛と胃痛がある場合は何科に受診すればいい?

腰痛 胃痛

腰痛と胃痛がある場合は、内科、消化器内科、泌尿器科、婦人科など、症状に応じて適切な診療科を受診することが重要です。

複数の診療科が関係する場合もあるため、まずはかかりつけ医や総合診療科に相談し、必要に応じて専門医への紹介を受けることをおすすめします。

早期発見と適切な治療が、重大な疾患の予防につながります。

ここでは、腰痛と胃痛がある場合は何科に受診すればいいのかについて、詳しく解説しています。

【最新版】腰痛専門のクリニックで治療で失敗しない選び方!東京都などのおすすめ病院を紹介

総合内科や消化器内科での相談が重要

最初に訪れるべきは、総合内科や消化器内科です。

胃腸の問題が腰痛に影響を与える場合があります。胃腸系の疾患は、痛みを引き起こすだけでなく、身体全体のバランスを崩すことがあります。

たとえば、便秘が長期間続くと、腹部の圧力が増し、それが腰に負担をかけることが考えられます。

これらの症状が同時に現れた場合、消化器内科の医師は胃腸の健康だけでなく、それが体の他の部分、特に腰にどのように影響しているかを診断できます。

適切な検査を行い、必要なら他の専門医への紹介もしてくれます。

整形外科や整骨院での腰痛の治療

腰痛が主な症状の一つであれば、整形外科や整骨院を訪れることをお勧めします。

腰痛の治療には、筋肉や骨格のバランスを整えることが重要です。

特に、背骨や骨盤の不調が胃痛を悪化させることがあります。

整形外科医や整体師は、X線検査やMRIを用いて腰部の詳細な診断を行い、適切な治療方法を提案します。

運動療法や物理療法など、個々の状態に合わせた治療計画を立てることができます。

これにより、腰痛のみならず、関連する胃の不調にも間接的に良い影響を与える可能性があります。

腰痛と胃痛を改善する方法

腰痛 胃痛

  • 【腰痛と胃痛を改善する方法】
    ◻️然な呼吸法でストレスを軽減
    ◻️リラックスできる環境の整備
    ◻️適切な運動やストレッチを取り入れる

ここでは、腰痛と胃痛を改善する対策方法について、詳しく解説しています。

【腰痛に効く食べ物や食べてはいけないものとは?】日々の食事療法で腰の痛みを改善しよう

自然な呼吸法でストレスを軽減

ストレスは腰痛と胃痛の増悪因子となり得ます。

自然な呼吸法を取り入れることで、これらの症状を和らげることができます。

深い呼吸は、身体の緊張を解放し、胃腸の動きを促進します。

日々の生活で意識的に腹式呼吸を行うと、血流が改善され、痛みが軽減される効果が期待できます。

また、リラックスした状態が自分自身を癒し、腰痛や胃痛の症状を自然に和らげる手助けとなります。

【立ったままできる腰痛予防ストレッチ3選】辛い痛みを解消する方法を解説

リラックスできる環境の整備

心地よい環境は、ストレスの緩和に役立ちます。

自宅や職場の環境を整えることで、心の安らぎを得ることができ、それが健康への大きな影響を与えることがあります。

特に、胃腸や腰の痛みに苦しんでいる人にとって、静かで落ち着いた空間は、症状の軽減につながります。

香りや音楽など、五感を癒す要素を取り入れると、リラックス効果が高まり、痛みの緩和が期待できます。

適切な環境を整えることが、痛みの改善に繋がります。

腰痛時の楽な寝方とは?やってはいけない寝姿勢や痛みを改善する就寝前のストレッチ方法を紹介

適切な運動やストレッチを取り入れる

定期的な運動は腰痛と胃痛の軽減に有効です。

特に腹筋と背筋を強化する運動は、腰部のサポートを強化し、胃腸の働きを活発にします。

ストレッチにより筋肉の柔軟性が向上し、体のバランスが整い、胃腸の痛みを軽減することができます。

例えば、猫背のストレッチや骨盤調整のエクササイズは、腰への負担を減らすと同時に、内臓の位置と機能を正常化し、胃痛を引き起こす要因を緩和します。

適切な運動方法を取り入れることで、腰と胃の両方の痛みを効果的に管理することができます。

【最新版】腰痛に効く寝ながら3分ストレッチ!プロの現役整体師が丁寧に解説

まとめ

【東新宿駅から徒歩10分】セルフケア整体新宿本店の場所・アクセス方法と来店時の持ち物や気になる施術内容など

腰痛と胃痛は、一見無関係に思えるかもしれませんが、これらの症状が連動していることがあります。

特に、胃腸の不調が腰の痛みに影響を与える場合があります。

たとえば、便秘や内臓の炎症が腰に余計な負担をかけ、痛みを引き起こすことが考えられます。

このような背景から、腰痛や胃痛が同時に起こる場合は、胃腸系の問題を疑い、適切な医師による診断が重要です。

病院での検査を受けることで、これらの症状の背後にある原因を明らかにし、適切な治療を受けることができます。

健康な身体を維持するためには、腰痛や胃痛を見過ごさず、早期に対処することが肝心です。

筋肉のバランスを整える運動や、体への負担を軽減する方法も併せて考えることで、痛みの管理がより効果的になります。

最新の記事はこちら

よくある質問

  • Q

    セルフケア整体と他の整体の違いについて教えてください

    A

    一言で言えば、TV、YouTubeや海外TED等で高く評価頂いている手法で、どこの整体よりもトータルで時間とお金を無駄にしないために、通わせない施術を行います。さらに、お客様の身体の状態に適したオーダーメイドのセルフケアをお客様ご自身に身につけてもらうプランも用意しており、二度と整体いらずの身体を手に入れてもらうことが出来る唯一の整体です。

    すでに院長のnobu先生の動画を通じて、沢山の人からご好評頂けておりますが、動画だけでは伝えられない、その人の身体の筋肉量にあった適切な負荷量、セルフケアの順番などをお一人、お一人に合わせてお伝えするために当院を開院いたしました。

    当院では、ご自身で行うセルフケアを行わない施術だけのプランと、セルフケアをマスターしていただくオーダーメイドセルフケアマスタープランの2種類の施術をご用意しております。

    短期間で原因がわかり効果が出るので、どこに行っても治らないと悩みが深い人ほど生活の質が改善して行くのが実感できるので、喜んでもらえます。基本、痛み治すだけなら程度にもよりますが、割とすぐなので、治ったら来ないでいいです。加えて、ズボラ筋が実際に働くようになるにつれて、痛みが取れて行くだけでなく、同時に痩身効果、美容効果、運動効率改善など様々なメリットが受けれる整体になります。

    2,3回続けていくうちに、痛みが緩和するだけでなく、ぽっこりお腹がへこんだ、夜間頻尿が治った、睡眠が深く取れるようになった、むくみがかなり改善してほっそりしたというような効果が出てきます。これは原因となる筋肉をきちんと運動療法にて鍛えて行くことにより、ただ痛みが取れるだけではなく、身体の筋肉バランスが適切に働くようになることの効果です。

    セルフケア整体では、短い時間で、痛みを取るのは前提であって、痛みが二度と戻らない、時間とお金を無駄にしない施術を心がけております。痛みがすぐ取れるのでそいしたら来る必要はありません。何度も通わなくていいです。また、セルフケアマスタープランの方は、一生整体に行かなくて良くなることがゴールで施術を通してオーダーメイドのセルフケアプランを提供します。ご自身であとで振り返れるように、実際にその場で教えた内容を教材として動画など撮影をして、ご提供していきます。

    「一生」がポイントです。殆どの整体では、痛みをとることに主眼を置いて、自分の身体を真に健康維持できる手法をその人の状態に合わせて教えてくれません。何故ならば、それをしてしまうと2度とお客様がきてくれなくなってしまうからです。

    実は、ほとんどの鍼灸、筋膜リリース、マッサージ、ストレッチは痛んでいる筋肉やその周辺を緩ませるアプローチをします。痛みを取るのが目的であり、また、痛んだ場合には通ってもらうことを目的とするからです。

    常に痛みが出たら戻ってきて欲しい。そのため、自分で健康を維持する方法を伝えることは絶対にしません。わかっている人はいたとしても、教えるメリットが何もないのでしないのです。何年も、回数券販売を通じて通わせ続けることで、人生の中で、関節痛だけに総額何十万円投資してしまってる人は多いです。そして、結局はまた身体のバランスが悪くなったら、痛みが戻るということを繰り返しており、nobu先生もこれに深く悩んでおりましたので、時間とお金の無駄をなくして欲しいと思って、当院を開院した経緯もございます。

    我々は不調を治すセルフケアマスタープランは、6回1セットで教えており、初回は返金保証もつけて、どこの整体よりもトータルで安い金額と短い期間で改善させることをしております。短い期間で集中的に一生物のスキルを早いうちに身につけた方が圧倒的に費用対効果が高くなります。(詳しくは料金・メニューをご覧ください。)

    また、セルフケアをご自身でやるのは、面倒くさい、同じことを先生にやってもらいたいという方は、単価を通常の整体と同じ程度の値段でご提供しております。この場合でも、他の整体よりは早く改善されて痛みのある生活からは解放されます。(詳しくは料金・メニューをご覧ください。)

    私たちはこの王道とも言える方法を広めることで、日本発の世界で信用される整体を広めていきたいと強く願っており、日本でも健康寿命を5年は延長させたいと本気で考えております。

  • Q

    長い間ずっと体の痛みについて悩んでいます。どこに行っても結果的にまた痛くなってしまうのですが、治せますか?

    A

    セルフケア整体の整体手法は、10年悩んでいる人がご自身の痛みの原因を知れて1回で驚く効果を得ることが出来るため、長年関節の痛みにトラブルを抱えている方にとって大変お勧めです。

    身体が痛くて動きづらいから治したいと、これまであれこれと悩み、苦しまれてきた方には、「あっ!」と驚く変化をお約束します。院長のnobu先生自身が身体の痛みに10年以上悩まれてきて、やっと見つけた手法であり、本当に多くの人に知って欲しいと日々活動しております。実際に、多くの方が、初回の施術で身体の変化を実感され、前向きにケアを続けていらっしゃいます。手術が必要とお医者様に言われた方が、実際には全然必要なくなった、そんな事例が沢山あります。丁寧なカウンセリングと現地でのお体の検査と、実際の施術を通じて、オリジナルのセルフケアトレーニング方法を導き出し、一緒に身体の再生を図り、元の元気で快活な身体へと導きます。

  • Q

    過去、整体に何度も通ってもまた身体の不調箇所が元に戻ってしまいました。整体師さんに身体を任せるのが不安なのですが。

    A

    身体の痛みを楽にしたいからと、一時的に筋肉をほぐして痛みを無くしたように見せる施術にはご注意ください。

    施術後は一旦身体が軽くなったように感じますが、そもそも原因が何かを特定しているわけではなく、対処療法的に痛みをとっているだけです。本当の意味で治してしまうと商売にならないから出来るだけ長い時間通わせようとして回数券売るところばかりなのが整体業界の実態です。

    初回料金が安くて、高額な回数券(30万円等)を販売するようなところもあるのでご注意ください。当院の方が圧倒的にコスパが良いです。通院期間も聞いてみて下さい。しっかり答えられないところや、半年や1年必要というところは治す気がそもそもない可能性が高いです。当院ではどれだけ長くてもきちんと通って貰えれば手術が必要なレベルで時間がかかるでも3ヶ月です。

    これまであれこれと施術をしてもすぐ元に戻っていた方が、セルフケア整体で、しっかりとご自身に合ったセルフケアを覚えてからは、その変化がづっと続くことを実感して頂いております。結局ちゃんと自分の身体のことを把握出来て、ご自身でケアできるようになるのが、時間とコストの両面にとって、長期的な目線で誰にとっても良い手法になると我々は信じております。

    また、無駄な施術は一切しませんので、セルフケアをご自身でやるのがめんどくさい人は、普通に施術を通してズボラ筋を働かせていくので、通常の整体よりも早く治ります。

    丁寧なカウンセリングで身体の状態を確認し、身体に負担を掛けないようにオーダーメイドでセルフケアの方法をお伝えします。トラブルが改善され始めると、一気に本来のとっても元気で快活な若々しい身体に戻りますよ。

  • Q

    丁寧な施術とのことですが、時間はどのくらいかかりますか?

    A

    カウンセリングからお体の検査と施術、アフターカウンセリングまで、1.5時間ほどお時間をいただいています。

    初回のカウンセリングで身体の状態を細かく確認し、同時にカルテを作成します。また、毎回きちんとお体の筋肉の状態を把握するために検査をさせて頂いております。その後施術を受けられると、皆さん一度で痛みが取れて驚かれます。そして自分の身体のどこが悪かったのかを正確に知ることが大切ですので、しっかり身体の状態についてお伝えします。そして、お一人お一人に合ったセルフケアもお伝えします。2回目以降は、前回の施術からの身体の変化と、セルフケアを実施して頂いた変化の両方を確認してから施術へと移ります。

  • Q

    どのくらいの期間、施術をするとホームページの写真のように快活な身体になりますか?

    A

    痛みを取るだけなら1,2回、あなたの身体の変化を見ながら、適切なセルフケア方法を伝えるには3回、ないし、6回かかります。

    上半身か下半身のいずれかにお悩みのある方で3回、両方お悩みのある方で6回ほどセルフケアを覚えて頂くのにお時間を頂戴しております。オーダメイドセルフケアマスタープランでは、1箇所3分で出来るセルフケアを覚えて実践することで二度と痛まない身体を手に入れ、整体にいく必要もなくなります。

    また、ズボラ筋は全身で繋がっており連動しておりますので、満遍なく鍛えることで、痩身効果、美容効果、運動効率改善をご実感して頂けております。

    多くの方が、初回の施術で身体の変化を実感されます。初回来院時に、ご満足いただけない場合は返金保証も付けております。ほとんどの方はご満足いただいて、その後、前向きにケアを続けていらっしゃいます。痛みを取るだけなら初回の施術でその効果を実感いただけます。

    セルフケア整体ではプロの視点から、痛みを取るのは前提で、あなたの身体の改善状況、次にどのようなケアをすれば身体に効果的か、逐一アドバイスをします。

    私たちがそばに寄り添って二人三脚でサポートしますので、みなさんほっとご安心され、間違った身体のケアによるトラブルが見られなくなります。

    また、そこから先継続されて一日5分でも実践されてる方は、2〜3ヶ月で、人間本来の身体の働きが取り戻せますので、姿勢が綺麗になり、無駄な脂肪が落ち、身体が疲れにくくなり、スポーツをされてる方はご自身の身体のパフォーマンスが上がることをご実感いただけます。

    ぎっくり腰や深刻な腰痛、坐骨神経痛や肩こりなど様々な関節痛に悩まされていた人は、予防効果が出て二度と整体に行かなくて良くなることが実際にご実感いただけております。

    新陳代謝も上がり、リンパが流れ、浮腫も取れますし、内臓脂肪なども取れていきます。更に、血圧が安定することで、健康になり夜間頻尿や生理痛などの様々な症状が緩和されていきます。

    全身のセルフケアを習慣化して頂くことで、短期的な痛みをとるだけではなく様々な予防、美容、痩身、運動効率改善の効果が見込めます。

  • Q

    初めての予約でもLINEからしていいでしょうか?

    A

    はい、ぜひLINEからご予約くださいませ。マンツーマンで施術をしておりますため、お電話に出られないときもございます。LINEよりご連絡いただけましたら、担当スタッフより速やかにご案内を返信させていただきます。

  • Q

    どんな身体の痛みでもセルフケアで治すことができますか?

    A

    殆どの間接の痛みをとり、運動パフォーマンスを上げることが可能ですが、以下の場合は効果が減少ないし別の治療が必要になります。

    ・リウマチによる痛みがある場合(こちらは専門の治療がいずれにせよ必要になります)

    ・急性時の痛み(足首のねんざ、靱帯損傷など)でひどく腫れている場合は、腫れが治る期間が必要です。)

    ・肩関節の拘縮 (これは筋肉が正常ではなく線維状になっているため、半年など時間や回数を多く施術しなければ改善しません。)

    ・しびれが常時ある (これは神経が傷ついているため、状態によっては病院で検査が必要になります。常時しびれがある場合(寝ているときも)しびれは改善しません。施術により痛みは改善していきますが、筋力がかなり落ちている状態であるため治すには1~2か月必要となります。)

    ・骨の変形が著しく進んでいる場合

他にもわからないことやご不安なことなどありしたら、
最寄りの店舗のLINE、お電話にてお気軽にご連絡くださいませ。
スタッフが丁寧に対応させていただきます。

近くの店舗を探す
24時間スマホで簡単に予約可能 さっそく予約する